起業をスムーズいくためにはなるべく自己資金を多く用意して下さい。

起業、自己の実現するためには思いだけでは出来ません。何より目的に向かう実行力と綿密な計画、そして何より資金が必要です。いくら素晴らしい計画、アイデアがあっても、資金がないと何も出来ません。

資金調達は色んな方法がありますが自己資金を作ることから始めます。

起業すると明確な目標を持てば先ずは今迄の生活習慣を変えなければなりません。無駄と思う事を全てやめることです。そしていつまでにいくらぐらいを用意するか具体的にしなければなりません。今迄の付き合いもできませんし欲しいものも後に先延ばしします。

私の周りにも今何人か相談を受けていますが中には休みの日の朝早くからアルバイトをして資金を作ることに頑張っている若者がいます。

目標を持てば頑張りがいがあるので今迄の生活を下げても全然気持の落ち込むことはありません。

自己資金がある程度出来たら、まずは身近な人に声をかけて金利のいらない資金調達をします。

一番早道は株式会社の資本金を出してもらいます。私も独立して最初は資金を作るために会社の資本金として出資してもらいました。その時は少ない資本金だったので有限会社をつくりました。「昔は株式会社作るのに1000万円以上の資金が必要です。有限会社は300万円以上の資金でできました。」今は制限がないので株式会社は少ない資金でできます。最初は金利や返済を直ぐにしない方法で資金調達をしてください。これが会社経営を安定するためのだい一歩です。

制度融資や公的資金など利用する。

日本政策金融公庫、少し仕事を始めると資金が足りない場合や、ショップや店舗、施設などを作る場合は制度融資を利用する。6ヶ月の据置期間や金利も割と安いのできちっとしたした計画書を出せば割と資金がでやすいです。私も小さいホテル、ミュージアム、を作る時利用しました。運転資金は5年、設備資金は10年以上の返済できますのでおすすめです。ただし自己資金が50パーセント必要です。

信用保証協会、銀行は最初は融資はむつかしいですが信用保証協会を使えば割とスムーズな対応してくれます。私も何度か利用しました。

助成金、補助金、これは少し起業してから時間が必要ですが頭に入れていていたらいいと思います。私の周りにもこの専門家もいます。

他の資金調達

クラウドファンディング、いまはやりのネットでの資金集め小さい資本金出してくれる多くの人支持が必要ですが、面白い企画とか社会に貢献できる会社や団体、起業するには良い手段、資金提供する人の中にお客様になってくれることも有りますので面白い資金集めです。

ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、これらはかなりシビアですがあったてみるのもいいかもしれません。エンジェル投資家には面白い企画、アイデアによっては中には貴方に投資する人がいるかもしれません、当たってみるのも勉強のもなり、成功してるひとのオーラをもらうのもいいかもしれません。

今はお金を持っている人ほどいい儲け話はないかと私にもよく聞いてきます。またいい人材、やる気満々の起業家をさがしています。

本当に素晴らしいアイデアにお金を産むこともあります、ネットで8歳のアメリカのU-チューバの家族のほんのちょっとしたアイデアで億万長者になっています、1ヶ月前にアメリカに行ってきましたが家庭のテレビはそのユーチューバーの子供玩具で遊んでいる姿みているだけです。今までの価値観が変わる部分も多くあります、

起業にいい時期にきています、あなたの起業おお手伝いしますので気軽に相談してください。

masakitsuchie9990@gmail.com

起業、企業への道


金のない物は知恵をだせ、知恵を無い者は汗をだせ。
この言葉は広告代理店の日本ではトップ、世界でも有数の電通の創業者の言葉です。

起業するために

普通、初めて社会に出て仕事を始める時はお金も経験も無いので汗を流しながらノウハウを学びスキルを積み重ねていきます。

ある程度ノウハウを学び、色々自分の出来る事がわかり、そして自分のしたいことが出てきます。

後は自分自身人生感により自ずから自分の道のチョイスにより歩んでいきます。

会社に入社し仕事の内容を勉強しながら知恵をを付けます

私も一人の社会人として会社員になり働きました。割と自分に合っている仕事ができた事,始め本社の企画宣伝部に所属して後に提案してそのメンバーで子会社を作り独立採算制の広告代理店立ち上げることになりました。数人の会社なので若くても営業のトップの位置になりました。

ノウハウの蓄積、幸い色んな勉強出来る位置にいましたのでマスコミの世界を学びながら携わる商品、業界、販売システム流通の事も知らなければ企画宣伝はできませんので幅広く勉べました。

テレビ業界、新聞社、雑誌社、各支社の広告の担当者打ち合わせ、番組、コマーシャルフイルム作り、クライアントにたいしての商品パッケージ作り、パンフレット作成、イベントの企画、、コマーシャルフイルム作りのプレゼンテーション、お客様も本社を含め大小さまざまな幅広くすることが山のようにありました。

しかしこれによって色んな業界、業種、社会の仕組みがわかり、いろいろと社外にも人脈ができました。

次に本社の依頼でフランスのアクセサリーの会社、起業し40以上のデパートにアクセサリー売り場を開拓しました。4年目で10億円以上の売り上げを伸ばして基盤をつくりました。

フランスのアクセサリー会社を立ち上げ成功したので今度は宝石、毛皮の製造販売することの責任者となり、これにより仕入れのノウハウを学び、販売の為の顧客作りを全部私がしたので、それを一部活かすことができました。その会社が50億以上の売り上げ、宝石、毛皮業界の中堅企業になりました。

先ずは汗を流しながらノウハウを学び汗をかきながら知恵を出し、汗と知恵を出すこと事によりもっと効率よくお金の入る仕組み作りを考えるようになりました。

会社員である限りここまでで限界です。お金を出した者は目先のことしか判断できず数々の提案しても受け入れることは少なく、少し資金がかかる企画はほんの少ししか採用されませんでした。私のようにゼロから開拓し組織作り、現場を知り尽くしたものに対し、いくら会社が大きくなり利益をだしてもサラリーマンの給料はしれています。やはり小さくても自分の会社を作らなければ自分の思うようなことが出来ないと実感しました。

独立して起業のだい一歩

33歳になり、いよいよ自立、独立の時がきました。宝石の業社の多くは私が独立する時、全面的に応援すると言っていましたが、実際には数社しか取引できませんでした。

しかし宝石の仕入れはそれらの会社をメインにし、販売先を少しずつ広げながら安定する道を探しました。ある時金沢に高級なブティックを経営している前に知り合いになった会社の社長から連絡が入り独立しているなら少しの間でもいいので手伝いに来てくれとか、又北海道の宝石販売大手の会社の社長が毛皮の仕入れの顧問になってくれとか嬉しいお誘いがありました。

そうこうしているうちにこのままでは資金作りが追い付かないので、顧客を増やすために健康食品をシステム販売の会社、株式会社シャンレデイを創業しました。ビタミンC,ビタミンE、ロイヤルゼリー、など製造会社に依頼し、オリジナルブランドの健康食品をつくりました。販売するための販売システム構築しましたが思ったより経費がかかり売り上げもあまり上がらないので断念しました。

飛躍するために

しかしその過程で昔知り合った毛皮業界の社長から自分の知り合いに。コート、毛皮のライナコートの製造、販売している会社があり、販売する会社、人を探してると紹介されました。

面接に行き、商品、コート、ライナーコートを見た私は素晴らしい商品で気に入り、これは絶対売れると確信しました。

先方の社長も私を気に入りすぐに契約しました。販売事業部として完全独立の形態で事務所や車、納品する車、人件費など経費は自分もちで売り上げ歩合制で私の会社に振り込みされました。

先方の会社は主にデパート中心にコートを販売していましたので、私は違う販売ルートを開拓、営業しました。

この時も前の会社で成功したやり方で色んなルートにアポイントし日本では有数のチエーン店や有名な販売会社を次々と開拓しました。

そのおかげでその会社の売り上げが3億円から8億円を2年で達成しました。私の売り上げは5億円、その売り上げの20パーセントが私の会社に振り込みされました。

これで資金が集まる基盤ができ、いよいよ自分の出来る事、したい事がひろがりました。

資金調達のめどができました。

金の無いものは知恵を出せ、知恵を無いものは汗をだせ。

この反対ルートをさかのぼりました。

資金が増えると見えてくる世界がドンドン変わってきます。付き合う人も成功した人、人脈も増えていきます。

貴方を成功するように私の経験を生かして貴方とサクセスストーリーを築きあげましょう。

起業、経営のことは気軽に相談してください。

お問い合わせは masakitsuchie9990@gmail.com

起業する人は大きく分けて3つのタイプの人がいます.

1、明確な目標、ポリシーもち、自分のアイデア、やりたい事がある人、
大きくは社会に素晴らしいアイデア、技術、システムそしてこの社会に貢献出来るものを作りたいと思って起業する人。
又美味しい食事を作ったりスイーツを作り人に喜んでもらいたったりするお店持ちたい
自分の作った雑貨や物を販売する会社を作りたいとか自分のしたいことをハッキリと目的を持っている人。
この様な人はまずはA,資本金、B,市場 C,商品 D,システムこれらを明確し用意しなくてはなりません。
A,資本金をいかに用意しているか、勿論自分のしたいことが明確にしている人はそれなりに用意していると思いますが資本金は多いほど成功の確率が増えます。資金量によって大きく左右されます。ソフトバンクの孫正義さんは起業する時1億円の自己資金を用意していたと言っています。私達のように一般人には参考になりませんが自己資金は大切ですね.

例えばスイーツのお店や飲食店をを持つ時、場所選びは大切です。なるべく人通りの多い場所、イメージの良い場所は保証金や家賃は高いですがお客様を集めるのにはあまり苦労しないですみますがそのような場所はあまりにも固定費が高くなるので起業には向いていません。業種、業界によって自己資金で自ずから場所選びは決まってしまいます。
自己資金をいかに多く集めて最初の頃は身に合った場所選びをしましょう。

資本金を増やすためにはいろいろありますが、最初のうちはなるべく自己資金をメインとして出来る方法を考えます。資金調達方法は後のページで紹介しますがまずは自己資金をいかに多く用意するのする事が経営の安定のだい一歩です。

B,市場、どの様なお客様をターゲットにして集めるか?これを明確にしなければなりません。個人か法人、小売りか卸売り、年齢層、販売する物でことなります。ぼやけると市場を誤ってしまいます。流通をよく研究すると新しい市場が見えてくる事もよくありますのでなるべく固定観念を持たずいい情報得るようして下さい。私は何度も新しい市場を見出して何社か大きくしました。それによって収入もアップしました。

C,何を売るのか、どのような商品作るのか、そしてそのためには何を準備するのか起業する前にある程度の目安を付けて用意します。ある物を売るのはあまり時間がかかりませんがまったくない商品を作るにはお金と時間がかかります。今迄働ければお給料として入ってきますが独立すると容赦なく資金は減っていきますので起業するまでに用意周到な準備をしてください。

D,システム、いかに商品を販売するか会社経営にとって一番大切なことかもしれません。先程のA,B,C,用意できても商品が売れなければ会社経営はなりたちません。そのためにはまずは身近な人や知り合いの会社テスト販売などをするのもいいでしょう。ただ気をつけてください。身近びいきがいい時と悪く出るときもありますのでよく見極めて起業してください。
ここで一番大切な事は自分のすることに如何に自信を持つことです。最初から全てうまくいく事などありえません。ちょっとぐらいの挫折を経験するのもいいかもしれません。その時は今までとちがった方法などいろいろ試したり、ターゲットを変えたりしながら粘っていくと違う世界が見えてくる事もよくあります。私もおおく経験しました。成功している先人たちはみな同じ事を言います。あきらめない、今からよくなると信じて自分を大切にしながら歩んでください。

今の環境を変えたい。

2、起業、独立して自分の会社を持ち現在の生活、収入を増やして状況をよくするために色んな情報や思いはあるが、どの様にして目標を持ち会社を作り、絞り込みできないで漠然とした思いを持ちながら現実的に忙しく、思いはあるのですがなかなかスタート出来ない人。私の周りにも何人います。

この様な人にアドバイスをしますが、まずは身近な事柄から自分の出来ることを一覧表を作りランダムに書き上げる事、そして自分のしたい事を同じ様に書き上げる。そしてそれらを線引きして一番可能なことから始める様にと、後は具体的に一歩進める環境作り、今流行の副業から出発するのもいいでしょう。まずは行動する事です。行動しないことには何も始まりません。ほんのチョット後押ししてもらいたい場合には私の様な起業コンサルタントに相談するのもいいでしょう。

アイデアも何もないがとにかく、起業して自分の会社をつくりたい。

3、起業したいが何のアイデアもなく、何をしたらわからない人。
まずはいろんな人出会う機会をつくります。そのためにはいくつかの方法があります。
まずは趣味の教室、いろんな勉強会、今まで付き合っていない社外の交流会、探せばいろいろあります。一番大切な事は自分の思い、考えを広げることです。そして人脈作りをすることです。ある部分人脈作りが一番大切な事かもしれませ。これはすべての起業する人にあてはまります

また、フランチャイズ、業務委託、などもいいかもしれません。無料で説明会、勉強会など各業界色んな仕事があります。いろいろ違う業種をのぞいてみるのも参考になります。
ただ気を付けなければなりません。この世界は玉石混交、良い会社もありますが、
ただの資金集めの会社もありますので注意してください。
フランチャイズの見極めかたなども別欄にかきますので読んでください。

お問い合わせ:masakitsuchie9990@gmail.com