シニアにとってお金が無いのは不幸の原因の一つですが、意欲を失った人はもっと大変です。

破産高齢者が200万人と言われています。勿論具体的に破産してなくても生活が大変と言われるシニアです。

年金の不平等で特に自営業者は国民年金しか、かけていないと多くても65000円しかありません。

サラリーマンでは2階建ての基礎年金と厚生年金で25年以上かけていれば少なくても10万以上になり、40年以上以上の人は20万円以上あり、奥さんは公的年金制度で扶養されて、1円の年金を支払ってなくても、3号被保険者とされて不公平な年金制度です。

夫が40年サラリーマンを勤めあげると妻には国民年金の65000円が入ります。すると40年間サラリーマンを続けると収入にもよりますが、夫には22~23万円くらいあり、妻と合わせれば28~30万くらいあり、普通の生活には困りません。

サラリーマンの夫婦の合わせた厚生年金の平均額は22万円と発表されています。しかしながら、自営業者は妻の分を国民年金40年払っても満額で65000円です。

夫婦合わせても130000円にしかならず、国民年金だけでは生活できません。日本国憲法で誰もが健康で生活出来るように定義されていますが、現実は200万人の高齢者がとてもちゃんとした生活が出来ないのも現実です。

この様な国が制度を作りましたが、片手落ちと嘆いても現実は厳しいくどうにもなりません。

では破綻寸前の高齢者は如何に生きるか考えて、 一人一人 ケースは違いますが どの様に行動すればよいのか具体案を示しましょ。

生活防衛をしなくてはいけません。

入ってくる年金はいくらぶつぶつつぶやいても上がる事は有りません。先ず徹底的に出るお金を見直されなければなりません。

テレビやネットで見ても高齢者の1人暮らしでワンルームマンションやアパートで暮らして狭く、その割に家賃が高くもらってる年金例えば月13万円で、家賃が5~7万円そこから公的税金、国民健康保険、介護保険などを払うと5万円残るかそれ以下になり、そこから光熱水費を払うと一月3~4万円で食費、生活の為のお金しか使えません。

NHK番組で悲惨な高齢者の放映をしていましたが、その住まいの周りには同じ様な高齢者が住んでいて、食費はディスカウントの物しか買わないで、暑い時はクーラーをつけずに窓を開けて我慢し夜は8時くらいには電気を消してしまって、周りの家も真っ暗になっているとのことです。

又ある高齢者は歯が抜けているのに何も出来ないとか、体が悪くなっても医者に行けないとか言って悲惨な生活をしている様子を放映されていました。

それではその様な状況から抜ける為にはどうすればいいのでしょか?何もしなければ同じ様な生活が待っていますが、ほんの少し考え方や観点を変えて行動すれば同じ年金生活でも随分変わる事が出来ます

2つの生活防衛

一つ目は家賃を下げる事です。固定費で一番の出るのが家賃ですが先ずこれを下げる事です。

年金生活者はある部分自由ですね。働いている現役世代の人は通勤の事も考えなければならないのですが、年金生活者はそこから解放されているので、地方に住む事を進めます。

あまり不便な場所ですと、買い物や病院に行く事も大変になるので、地方都市のちょっと離れている所は本当に家賃が安く借りれます。

地方は人が減少傾向にあるので割と便利な所でも家賃はグ~ンと下がります。例えば私の知り合いに長野県の上田市に駅からも近く買い物も便利な場所の一軒家賃貸ですが、3DKで3万です。

私の前職で山中湖に居ましたが、矢張り知り合いですが河口湖の奥の方の村ですが、古い一軒家ですが、家賃1万で借りる事が出来て良いよと言っています。

地方になると,廃家がドンドン増えてるので、人が住んだ方が家が悪くならないので安くなっています。

地方で安い一軒家で少し土地があれば庭に簡単に出来る野菜作りをしている人もけっこういますよ。都市では高い野菜が安く手に入るのも地方のメリットです。

市営住宅、県営住宅に申し込みしましょう。ぐん~と家賃が下がり、けっこう快適ですよ

どうして都会に住みたいなら、市営住宅や県営住宅をお勧めします。良い場所はなかなか当たらないですが、年金生活者は少し駅から離れていても買い物が便利なとこですと割と簡単に当たります。

年に2回の抽選会があります。市役所、区役所に行けば申込書が手に入ります。1~5回ぐらいは申し込みしても当たらないと覚悟して下さい。しかし人気のない場所では割と簡単に当たります。

2DKぐらいで2~3万円です。地方都市の市営住宅は古いのを我慢すると1万ぐらいであります。

どうですか、今の貴方の毎月の家賃の支払いが仮に5万円ですとそれを考え方を変えて行動すれば2~3万はすぐに浮きます。この差は大きいですよ!

都市の市営住宅に住んで家賃を下げて、そしてほんの週に2日のアルバイトで5~6万稼げば随分と生活が楽になりますよ!

都会で暮らすメリットを生かしましょ!健康であれば働く事は出来ます。

都会のメリットは70~80歳くらいでも職種を選ばなかったら仕事は有ります。現に私の周りにも73歳78歳にの人がアルバイトをしていて週5日働いている人は13~15万円、週2日の人が6万円もらっています。

年金プラス5万~6万円の収入アップは生きる意欲にもなります。何も考えないでぶつぶつつぶやくか、考え方を少し変えて行動するかは自由ですが、暑い時にクーラーぐらいつけて、夜も明かりをつけて、たまには月1回ぐらいは外食することぐらいは本当に出来ます。

惨めと思うか、良い老後は収入にもよりますがほんの少し意欲を取り戻してください。意欲を高めると生き方、考え方が変わって来ます。

一人シニアでも意欲があると周りの人と付き合いが出来ますし、一人静かに暮らしたい人もいい環境作りをすれば、幸せな人生ですし、それぞれ生きてきた環境にもよりますが、なにをしても、自分の居場所づくりをした人は幸せな人生を送ることが出来ます。

自分の居場所づくりはお金をあまり使わないでも出来ますよ!生きている実感をもちたいですね!

お問合せ、masakitsuchie9990@gmail.com

デジタルの時代でも直ぐに稼ぐには営業力は必要です

最近ブログやユーチューブを見て感じることは、一部のブロガーやユーチューバーは「中国の戦略家孫氏の兵法で有名な言葉で先んずれば人を制す」を実践しています。

同じことをしても先に行動している人が勝つと言う意味ですが、やはりなんでも時代を先読み出来る人はすごい人が多いですね!

ユーチューバーで有名な「ヒカキン」さんなどはシニアの私などはとても理解できない事でネットの世界のトップになっています。

アメリカでは年間収入が26億ともいわれいますが、10歳の男の子が毎日新しいオモチャで遊んでいるだけですが、プロデュースは両親がしていますが、なんでそれだけで26億の年収が入るか驚きの世界です。

最近、ブロガーであり、ユーチューバーの「マナブ」と言う人のユーチューブを見ていて、ある面すごい人と思っています。

まだ、20代後半なのにネットのビジネスで成功している人の一人でしょう。ユーチューブからマナブ君を見てわずか4年間ぐらいでネットのビジネスで年収が1億に届くと言っています。

今の私から見たら夢の様な話でが現実的な事になったと本人は言っていますし、プログラマーから出発してネットのビジネスで必要な技術なども持っている人です。

私などはパソコンの年中初心者です。ですからやっとネットのビジネスの世界を理解する事が出来るようになりましたが、ネットでご飯を食べれるようになれるかはいまだに自信がないですが、喘ぎながらブログを発信しています。

最近その「マナブ」君がユーチューブを見て言っていたのが、ブログなどで稼ぐには時間が必要だが年収1000万ぐらいは直ぐに稼げると言っています。

そのカギは営業力と言っていました。「マナブ」くんの売る物はネットにかかわるノウハウですが、私はアナログ世代ですので、売る物はアナログのものです。しかしながら、営業力に関しては自信を持っています。

ネットのビジネスの世界では勝てないですが、具体的な営業力ではまだまだ若い人と張り合える事が出来きます。

営業の世界は売る物も大切ですが、売る人の発想や決意、やる気、粘りが必要です。現在活躍している人達も同じように感じて言っています。

私も大きく飛躍出来た時が2回有ります。一度目は自分の営業力を最大限に発揮する機会が出来ました。それは原宿にあった小さなコート会社です。

その会社と完全独立の事業部を作りました。使えるのはその会社のネーミングと商品です。

自分達の事務所と商品のストックする場所、納品する為の車、営業経費、固定経費だけでも代官山のマンションですので20坪で月の家賃30万車の駐車場5万を2台で10万経費を含めると最低限でも60~80万円ぐらいは出ていき、それに社員の人件費を入れると100万の資金が必要です。

しかし、営業力でその会社の売り上げを3億から2年で8億まで売り上げたのですごい資金が入って来ました。完全独立歩合制なので2年目で8000万以上の収益がありました。

今も昔も営業力は絶対に必要です。よくいい商品を持ちながらなかなか売れずに苦労している、小さなメーカーは全国にあります。またいい産物や物産などを作っている個人経営の会社も多くあります。

それらを上手くコラボして伸びている会社が幾つか出てきています。北海道の物産館を専門にしている会社や全国から物産を扱って販売店を展開している会社、チョット目線を変えればまだまだこれから出来る余地が残っています。

資金が無い時はデジタルの世界でも、アナログ世代でも資金調達が大変です。ただ今日では資金調達の方法は昔と違ってクラウドファンディングなどネットのビジネスの世界で資金調達も出来ますし、エンジェル投資家など増えています。

情報量は恐ろしいほど手に入りますがそれを如何に活かすかは、矢張りスキルが必要です。

営業力は地味な努力の積み重ねです。いつの時代でも物を売る為には、ネットのビジネスの世界であれ、アナログの世界であれ、みんな大変な努力しています。

よく、ネットで簡単に稼ぐと書いてありますが、その様な世界は絶対にありません。先程の「マナブ」君にしても、一見水鳥が優雅に泳いでいるように見えますが、水の下では足を激しくうごがしています。

かれも、多くの本を読んでいたり、多くの時間をかけてブログを発信して、またユーチューブを発信しツイッターでも毎日発信つずけているのです。

私もブログを発信していますが、とても毎日発信することは出来ません。やはりどの世界でも活躍している人は地道に努力と発信するための勉強、そして社会の流れを読んでいます。

今は簡単に起業が出来る時代になりました。サイドビジネスから本業になったりネットにより選択業が増えています。

しかしながら、起業するにも単なる発想や思いつきではできません。今身近に若者の起業する為に相談に乗っていますが、もっと具体的に進めるためには自分から進んで、いろんなこと「売る為の商品、ノウハウ、技術、人脈作り、資金調達」を指導しています。

起業のお手伝いをします。

お問合せ、masakitsuchie9990@gmail.com

就職と転職のため、多くの時間と高額な資金を使って勉強しても、思ったより稼げない仕事

まず、筆頭に看護師、介護師、ケアマネジャーなどの医療、介護関係

ウエーブデザイナー、3Dなどのネットに携わる仕事、アニメなどの制作の仕事やアニメータ

これら仕事の共通点は大学、専門学校に2年~4年のかなりハードな勉強をしなくてはいけない所が多い事と、多額の入学金、授業料を支払って勉強します。

今回は看護師、介護福祉士、ケアマネジャーなどの仕事

看護師の医療系大学でも4年間、専門学校で3年間をみっちりと勉強し数多くの試験や実習をこなして国家試験を受けてやっともらえる看護師の正看の免許です。

ウエーブデザイナーやプログラマーなどは自分でも勉強は可能ですが、看護師などは国家の免許制度で最低3年間勉強しなくては試験を受けることも出来ません。

少し前から雨後のタケノコの様に医療系の専門学校はだいたい年150万円の学費がかかります。この様な専門学校は比較的に入学しやすいので入りますが、目的がはっきりとしていない人は挫折します。

また、反対に医療系大学や大手の病院経営系の専門学校は学費、全額免除や一部免除の専門学校はお礼奉公で3年~5年間大学病院や系列の病院に就職しなくてはいけません。もし断ったら学費を請求されます。

そして3年以上の時間と多くの資金「おれい奉公」を除く、を使っても仕事のハードの割には賃金は低いですね!

ですから、看護師の離職率はかなり高いですね。私の周りにも看護師になった人をかなりの人数知っています。

前職のミュージアムを経営している時、医療系大学生と専門学校の学生さんを何人かアルバイトで雇いました。

ある年、2人の医療系大学生が冬のシーズンにアルバイトをしてもらいました。2人とも、とてもいい子で一生懸命に働いてくれました。

そして卒業して一人は大学病院、一人は普通の病院で働いていました。シーズンになると遊びに来ていましたが、一人の大学病院で働いている人は看護師を辞めて、結婚すると報告がありました。

また、違う年シーズンに一人の看護師専門学校の子もアルバイトで着てくれましたが、3年間学校に行って卒業して国家試験を受けて免許を取ったか分かりませんが、今は看護師の仕事はしていないと言っていました。

私の姪も看護師の仕事をしていますが、辞めたい、辞めたと連呼していると言っています。と時々報告があります。

命を預かり、緊張の連続でハードな割には給料は低いため、辞めたり、転職が多いのはあたり前です。

医者は命を預かる事は看護師より大変なことがありますが、高額収入で支えられています。クリニックを経営している医者は最低でも2000万えんの年収があります。

私が宝石と毛皮の仕事をしている時、会社の経営者、そして医者がいましたが、割張り高収入で高い宝石と毛皮を買ってもらいました。

病院の経営医院長になるとそれは桁違いの買い物をしてくれます。私達の10万円のお金が1万円にも満たない様な感覚で買ってくれるので、その様な医者を顧客するとたった一人で毎年サラリーマンの年収より上の買い物を次から次へとしてくれて、売り上げがあがり、ありがたい顧客です。

しかしながら、看護師は入院患者の面倒を見る時、介護をする人と同じしもの世話から体を拭いたり、健康の管理、具体的には薬を飲ましたり、点滴投与したり、病気の人ばかりなので、老人ホームでは少し気を抜ける事もありますが、いつ何時病気が悪化することもあるので大変と言っています。

医者より体を使い患者さんとの接触が長く、その割には年収300万~400万円の人が多く、ほんのわずかな一部の人がやっと500万円に届くか届かないかで、ですから違う所でアルバイトをする人も結構います。

介護関係、介護保険料、ケアマネジャーなどの仕事

介護関係の仕事も大変な割には収入が低いですね。しもの世話から何人も多くの人をお風呂を入れたり御飯を食べさせたり矢張り体使って懸命に世話をしなくてはいけません。

かなりのハードな仕事です。その割には年収は低いですね。私が婚活仲人の仕事を少し、していますが仕事が介護師で年収300万を割ると結婚も出来ません。

時々年寄りに暴力をふるったとかニュースになりますが、暴力は絶対に許されないですが、もっと環境整備と待遇改善して介護の仕事に携わっている人の収入アップを願います。

仕事の割にあまりにも年収が低すぎます。老人ホームの経営者はけっこう高収入の人が多いです。

次から次へと立派な建物を建てて、老人ホームを経営している経営者がいますが、もう少し働いてる人のことを考えて経営しなくては働く人がいなくなったり、質の低い人しか来なくなって大変になります。

結構有名な企業、伸びている会社がハードで収入が低い所があります。人手不足の介護関係仕事ですが、最後は年収が増えて矢張り気持ち良い環境作りをしていくと良い人が集まってきます。

いつも募集している会社は要注意です。シニアの仕事探しにも必ず介護助手の仕事がありますが、体が健康で体力がある人でないと自分が介護を必要とする人になるので要注意ですね。

お問合せ、masakitasuchie9990@gmail.com