起業して成功するには何歳ぐらいで立ち上げるのがいいのでしょう、資金は幾ら位必要ですか?

起業して成功するには何歳ぐらいが適齢かは一概には言えませんが、起業する業界、業種によって随分と違いがあります。

ネット関係、IT,ゲームの世界での起業は圧倒的に、若い世代の10代から20代創業者が多いです。

ネットを使って起業する人は20代後半が多いですが、なかには小学生、中学生の起業して成功する人いますが、マスコミ界に取り上げるのはやはり珍しいからでしょ。大学時代から起業して成功する人は最近増えていますが、大学を卒業して少し会社で働いてスキルを身に着けてから起業する人がおおいようです。

日本政策金融公庫総合研究所「新規開業実態調査」2018年8月の結果

開業から1年以内の起業1746社の回答

起業した人の平均年齢は43歳で1年後の60パーセントが黒字になっています。40代が30代の起業する人を抜きました。起業する人も高齢化が進んでいる事が分かりました。

詳しくは、20代ー7パーセント、30代ー32パーセント、40代―35パーセント、50代ー19パーセント、60代ー7パーセント、うち8割が男性、2割が女性です。

99パーセントの人が会社勤めを経験、起業した分野で働いてる人が8割、管理職経験者が7割です。

まったく初めての分野で起業する人や、人を使った経験していない人は多くないと回答している。

起業する時何人で始めたか?

やはり1人で始める起業家が多い

1人~35パーセント、2人~22パーセント、3,4人~21パーセント、5人から9人~16パーセント、10人以上~5パーセント、で半分以上の人が1人もしくは2人で起業しています。

創業資金は500万円未満が多い。

~500万円未満37パーセント、500~1000万円31パーセント、1000万円~2000万円20パーセント、2000万円以上12パーセント、7割近くが1000万円以内で起業しています。

起業して1週間の働いてる時間

50時間以上56パーセント、40~50時間26パーセント、40時間以内19パーセントでやはり創業当時は多くの時間を仕事に費やしています。

創業時期の一番苦労していることは?

顧客管理/販路開拓~47パーセント、

資金繰り/資金調達~38パーセント

従業員確保~26パーセント、

財務、税務、法務の知識不足~22パーセント、

月間売り上げ

100万円以下~42パーセント、

100~500万円43パーセント、

500~1000万円8パーセント、

1000万円以上7パーセント

黒字61パーセント、赤字39パーセント、

起業して68パーセント、の人が満足、やや満足していると結果としてでています。

6割の起業家が成功しています。

起業して最初の1~3年が一番大切な時期です。この時期に上手く上昇気流に乗れば、後10年くらいは割とスムーズに行きますが、この時期に如何に会社の力を蓄えるかで勝負が決まります。

今、技術開発は日進月歩で速く進むので油断大敵です。社会の流れを良く見て経営者自ら、自分磨きを大切にしてください。

起業、会社経営のお手伝いします。スタートアップストーリーのマッキーに気軽にご連絡ください。

masakitsuchie9990@gmail.com

起業するにはどれぐらいの資金が必要ですか?

職種、事業規模、場所やする人の思いで大きく変わります。

どんな職種によってもスタートする時はなるべく資金がかからない方法、場所探しなどをします。

あの資産100兆円超えるアップルもスタートはジョブスのガレージでスタートしてパソコン作る工場にしました。

資金も少しレートは違いますが数千ドル、今でいう日本円で数十万円でスタートしました。それが人々の生活を変えるまでの影響を与えている世界一に、歴史ある企業を抜いて今最も影響のある中の一つとしての大企業に成長しました。

どんな人の起業も初代起業主はみんな同じ様な道を歩いています。あなたはどの様な位置でスタートできますか?

少ない資金でスタートする職種、仕事

パソコンを使ってノウハウや物を売る仕事のことはネットを見れば山ほど出てきますの省きます。

やはり自分の得意な分野、実際に起業し会社経営をした事を書きたいとおもいます。

システム販売、業務委託、代理店契約

最初はサラリーマン時代から少ない資金で出来るシステム販売をしました。アムウェイから始め色々のシステム販売、健康食品、美顔器、これらは数万円から始めれます。

システム販売はネットの世界と一緒で早く始めた人に大きなメリットがあります。現に私の知人にアムウェイの初期に初めてダブルダイヤモンドと言う位置にいますが年収は5000万円ぐらいあります。本社の経営にも口を出せる位置にいます。

しかし大半の人は参加しますがやめてしまいます。システム販売は気を付けなければならないのが知人友人を巻き込むので人間関係が悪くなることもありますので理解して、甘い言葉に注意してください。

業務委託、代理店契約も割と少ない資金でスタートできます

数万円から数十万円の資金始めるものが多いです。

土地の競売物件を持ち主と交渉して以来物件にする仕事、神田にあるA社私も5万円の資金を出して始めましたが、これは売り主と会うのが大変です。なかなか難しい仕事でした。半年で訪問30か所行き売り主に会えたのがわずか5件しかもほとんどの人が心が閉鎖的で噓を言うのも平気なひとが多かったです。やはり破産する人は心が荒んでいました。中には昼間からお酒の匂いした人も何人かいました。結果半年の時間と動いた経費全てが無駄となりました。

数万円でスタート出来る窓のフイルム貼って紫外線や目隠し、ガラス窓のガラスの壊れても飛び散らないフイルム、熱を遮断出来るもには災害やエネルギーの抑える効果のある仕事です。社会に貢献できる仕事も割と高印象でした。勉強会、指導も無料でしたので参加しました。少し営業力が必要です。

私も昔から宝石商の時から割とお客様から息子に、娘にと仲人の様な事の依頼が割とあり何組か紹介しました。興味が有ったので日本仲人協会に参加費3万円、登録費1万円、前月会費1万円で合計5万円で仲人のビジネスに参加しました。日本仲人協会の意義で日本人口が減っている一番の理由は結婚し無い人が増えていることが一番の原因とそのとうりです。

日本仲人協会の一番いい所は仲人が紹介料や会員集めに仲人に最大の権限を与えていることです。又理事長の奥様が副理事長していますがこの人の話術はたいしたもので楽しく大阪人特有のこてこての話は聞いててもあきがこなく、抑えてるところはしっかりと決めて素晴らしかったです。

そしてわずか5万円でスタートできます。他の仲人の協会は100万円以上の参加費を取っていますので仲人のビジネスに興味がある人には良い協会です。トップのカリスマ仲人になりますと、年収2000万円もある人がいます。会員登録50名ぐらいとると日本の平均年収ぐらいにはなるので、ディスクが少ないスタートできます。

数十万円で始めるビジネス

数十万から始めるビジネスにはGoogleのストリートビューの仕事があります。建物の中に道路から映像で案内するのでムービー映像を撮ることのカメラと少しのノウハウが必要ですが若い人なら面白い仕事かもしれません。

インクフリーに出来る多くのカラーコピーを使う所のプリンター設置の営業のビジネス、後クーラーの掃除ビジネスも若かったら面白いとおもいます。1台掃除クリーニングするのに2時間で1万5000円以上のもらえます。2.3台のある家で半日で3万円以上もらえるのでこれからも割と有望です。私ももう少し若かったら事業としやってみたい仕事です。

割と掃除、家のメンテナンスビジネスふすまやしょうじ貼り網戸替えなどのビジネスは体を使うので身体能力、健康に自信がある人にはいいかもしれません。

以上100万以内で出来るビジネスはもっといろいろあります。しかし自分居場所づくりをしたり、車を使う事もありますし、当分の間生活費などを用意しますのでプラス2.300万ぐらいあるとスムーズに起業出来ます。

起業、会社の経営のお手伝いします。

スタートアップストーリーのマッキーに気軽にご連絡ください。

masakitsuchie9990@gmail.com

起業をスムーズいくためにはなるべく自己資金を多く用意して下さい。

起業、自己の実現するためには思いだけでは出来ません。何より目的に向かう実行力と綿密な計画、そして何より資金が必要です。いくら素晴らしい計画、アイデアがあっても、資金がないと何も出来ません。

資金調達は色んな方法がありますが自己資金を作ることから始めます。

起業すると明確な目標を持てば先ずは今迄の生活習慣を変えなければなりません。無駄と思う事を全てやめることです。そしていつまでにいくらぐらいを用意するか具体的にしなければなりません。今迄の付き合いもできませんし欲しいものも後に先延ばしします。

私の周りにも今何人か相談を受けていますが中には休みの日の朝早くからアルバイトをして資金を作ることに頑張っている若者がいます。

目標を持てば頑張りがいがあるので今迄の生活を下げても全然気持の落ち込むことはありません。

自己資金がある程度出来たら、まずは身近な人に声をかけて金利のいらない資金調達をします。

一番早道は株式会社の資本金を出してもらいます。私も独立して最初は資金を作るために会社の資本金として出資してもらいました。その時は少ない資本金だったので有限会社をつくりました。「昔は株式会社作るのに1000万円以上の資金が必要です。有限会社は300万円以上の資金でできました。」今は制限がないので株式会社は少ない資金でできます。最初は金利や返済を直ぐにしない方法で資金調達をしてください。これが会社経営を安定するためのだい一歩です。

制度融資や公的資金など利用する。

日本政策金融公庫、少し仕事を始めると資金が足りない場合や、ショップや店舗、施設などを作る場合は制度融資を利用する。6ヶ月の据置期間や金利も割と安いのできちっとしたした計画書を出せば割と資金がでやすいです。私も小さいホテル、ミュージアム、を作る時利用しました。運転資金は5年、設備資金は10年以上の返済できますのでおすすめです。ただし自己資金が50パーセント必要です。

信用保証協会、銀行は最初は融資はむつかしいですが信用保証協会を使えば割とスムーズな対応してくれます。私も何度か利用しました。

助成金、補助金、これは少し起業してから時間が必要ですが頭に入れていていたらいいと思います。私の周りにもこの専門家もいます。

他の資金調達

クラウドファンディング、いまはやりのネットでの資金集め小さい資本金出してくれる多くの人支持が必要ですが、面白い企画とか社会に貢献できる会社や団体、起業するには良い手段、資金提供する人の中にお客様になってくれることも有りますので面白い資金集めです。

ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、これらはかなりシビアですがあったてみるのもいいかもしれません。エンジェル投資家には面白い企画、アイデアによっては中には貴方に投資する人がいるかもしれません、当たってみるのも勉強のもなり、成功してるひとのオーラをもらうのもいいかもしれません。

今はお金を持っている人ほどいい儲け話はないかと私にもよく聞いてきます。またいい人材、やる気満々の起業家をさがしています。

本当に素晴らしいアイデアにお金を産むこともあります、ネットで8歳のアメリカのU-チューバの家族のほんのちょっとしたアイデアで億万長者になっています、1ヶ月前にアメリカに行ってきましたが家庭のテレビはそのユーチューバーの子供玩具で遊んでいる姿みているだけです。今までの価値観が変わる部分も多くあります、

起業にいい時期にきています、あなたの起業おお手伝いしますので気軽に相談してください。

masakitsuchie9990@gmail.com