破産して失う物、仕事、財産、そして家族は?逆に得る物も多く有ります。

破産しても、普通の仕事をしている人には生活、仕事にはそれほど多く変わりません。

経営者も上手くすればあまり生活には困る事は有りません。財産は全て失います。しかしながら経験やスキルまでは無くなりません

普通の仕事をしている場合はあまり破産は心配いりません。今までの会社も働くには何の支障もありませんが、もし会社に貸付金を借りてる場合その報告がいきますので注意が必要です。かりに会社に知られてもそれを理由として解雇は出来ません。

自己破産して、免責許可の決定が9割の人が免責許可決定ができ、3~6ヶ月後には復権します。

ただ、民法により資格が取れないものがあります。

代理人、後見人、後見監督人、補助人、遺言執行者などです。

職業も出来ない、士業、

弁護士、弁理士、司法書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、行政書士、通関士、宅地建物取引士などです。

後、お金にまつわる仕事は付けません。例えば、質屋、貸金業社の登録、旅行業務取扱管理者、生命保険募集人、です。それにいがいに警備業者の責任者や警備員、など身近な仕事も付けません。

私も破産して、しばらくしてから本籍地に身分証明書を出してもらいましたが、完全に復権していましたので、警備の仕事の勉強会に出る事が出来ました。

ただし、復権した場合は大丈夫ですので自分で簡単に調べることが出来ます。それは本籍地に行って身分証明書を出してもらえばすぐに分かります。

破産手続きから、10年が過ぎると復権できます。

この様に書けばかなりの仕事の上で制限されていると感じますが、普通の仕事をしている人には関係ありません。

ただ、これだけは知っていた方が良いのが、 自己破産の依頼する時自分の顧問弁護士に全て正直に財産の申告をする様にしてください。 自己破産の申し立てすると、破産管財人「弁護士」が決まります。

破産管財人は貴方の財産を徹底的に調べます。銀行の口座、カード、クレジットカード全て提出して、銀行口座がゼロにして、提出します。勿論、現金は100万円までは生活費として認められます。

資産の一番は家、宅地、などで車や資産になるような宝石、貴金属などです。破産管財人の弁護士によって少しは違いがありますが、私の場合は割と正当であまり細かくは調べませんでした。

ただ、郵便物まず破産管財人の方に全部いく手続きをしますので全ての郵便物は見られる事は覚悟してください。

家、車、資産になる物は全て失います。ただ身の回りの必要なものは大丈夫です。

後は数カ月はこの様な生活をしなくてはなりませんが破産手続開始決定、免責許可決定が終わると普通の生活に戻ります。

銀行カードも必要ですのでそのまま使えます。ただクレジットカード付きのカードはしばらくは発行出来ませんので現金の出し入れだけになります

裏技その1.。

クレジットカードの裏技、私の場合は全て自分の奥さんの名義で申請してもらい、私もクレジットカード付きの銀行カードを使えました。

裏技その2.。

車も仕事で必要でしたので、奥さんの名義にしました。最も高級車では認められませんが普段使う車だと大丈夫でした。ちなみに私の乗っていた車はワゴンタイプのクラウンで7年以上乗っていた車だったので見逃してくれました。

裏技その3

破産してからだと賃貸で借りれる物件は古いアパートでしか契約できませんので、破産する前に賃貸マンションを矢張り妻の名義でかりました。これでしばらくはどこも動かなくて住むことが出来ます。

破産して得る物は!

破産して、財産は全て失います。しかしながら借入金返済が無くなったので、自分の生活費だけをしばらくは稼げれば生活できるので、大きな重荷は無くなりました。

変な言い訳?気持ち!毎月の資金繰り、返済金の為金利の高いカードロンを使ったり、ギリギリで会社経営をしている人はわかると思いますが月末が来ると毎月資金繰りであちこち飛び回り、大変な気持ちになりましたが、これから解放されたので、心から感謝しました。

今の日本では何か働けば最低限の生活は出来ます。もし。直ぐに仕事がなければ生活保護という手もありますので野垂れ死にはなりません。少し我慢すればキツイ仕事ならいくつでもあります。ですから、借金がない事は本当にありがたい制度です。

それに、家族の結束も強くなりました。姉たちは弟の学費を出してくれたり、奥さんも私の仕事を一生懸命手伝ってくれたり、息子もアルバイト賃なしで私の仕事を休みの日は手伝ってくれました。

そして友人たちも本当に親身になって助けてくれたので、仕事も出来ました。

破産して、財産は全て失いましたが、家族、友人に支えられて、もっとこれからは周りの人を大切にしなくてはいけないと自分も変わらなければなりません。

これが一番大切な事、一番得たことです。

masakitsuchie9990@gmail.com

倒産、破産は怖くない!ただいい破産の仕方と悪い破産があるので要注意。

破産に良いやり方と、悪い仕方あるのでしょうか? ありますそれは簡単に言えば良い破産は次に生きるためのポジティブの考えが出来るようにすることが大切な事です。

起業して10年後に残る会社、企業は10パーセントにもならないと言われています。会社を立ち上げる事は簡単ですが会社を作り、キッチリと利益を上げて社会に貢献することは本当にむつかしいですね!

まず、起業している1年目で2~3割の会社は無くなります。3~5年では半数以上の会社が倒産もしくは解散の憂き目にあい、なくなります毎年7,8千件多い時は1万件の倒産しますが、中小企業は日本では385万以上の会社があります。

言い換えれば385万の経営者がいます。割合から言えば1年で2パーセントぐらいの会社がなくなっています。

しかし、この統計は個人の破産統計とは異なり、個人事業主などを入れればもっと多くなります。ちなみに近年は個人破産数は1年で7万件以上で1日あたり200人の個人の破産者が出てきます。

では良い破産とはどの様にしなくてはいけないでしょうか!

一番言える事は周りの人を巻き込まない事です。家族、友人、知人によくお金を借りまくり挙句の果てに夜逃げしてみんなの怨嗟を受けてゆく手をくらますしてしまう事です。

社会は人の関係でなりったています。それをぶっ壊れてしまうと、再建する時がむつかしくなります。

ですから、私は子供にも言っていますが、借金はするな、お金を貸すな、保証人になるな!と言って来ました。

もし、友人がお金を借りに来たら、きっぱりと断り、ただ今日、明日の米代ぐらいは出して「1万円」を上げなさいと言って来ました。

人間関係が一番良くないのが、噓をついたり金銭の貸し借りの関係です。人は苦しくなると平気でうそをついたり、だましたりしますので注意が必要です。だます気持ちが無くても実際は期限に返済出来ません。これは貸した側からいえばだまされた結果になります。

言い換えればあなたが今どん底の会社の経営状況なれば、金融機関は絶対にお金は貸してくれません。会社の経営で金融機関から借入出来なくなったら企業は終わりと思ってください。

ではどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。利益が出ない、苦しい状況が続いていくとその日ぐらしになり、自転車操業になり、下手をすると高利息の闇金融に手を出す事になり、何の希望、アイデアもを出なくなります。

心が折れるまで会社の経営はしないでください。

その時は早めに決断をすることです。会社を整理するか、借入金が多い場合は破産宣告することです。

一番重要な事はとことん追い詰めるまで決断を遅らせるとはダメです。会社を破産手続きするにもある程度の資金が必要です。

まず、働いてる社員に働いた分は勿論、ハローワークから失業保険手当を出るまでの生活費は用意するべきです。今まで自分の会社の為に頑張ってくれたので、最低限の生活費は出すようにしましょう。なるべく怨嗟の声が出ないようにするべきです。

私も破産手続きをしましたが、顧問弁護士が言いました。破産手続きは企業の葬式です。人もそうですが、企業もキッチリと葬式を出してあげるのが経営者の使命ですね。

これにより、借入金は少なくなるか、ゼロになります。ちなみに私の場合はゼロになりました。

税金の滞納額はそのまま残ります

ここで、注意が必要です。破産が認められても滞納した、税金などは残念ながらのこります。

破産手続きする時の決断は何時がいいのか、目安は、社員に給料を払えなくなる前、公的な「税金」などが滞る前にすることです。

経営者は資金、その中でも大切な事は運転資金がどれくらいの期間持つか売り上げ、経費を考えれば一番判断できます。このまま経営が成り立つのか?考えれば答えは見つかります。

良い破産をする為には周りの家族、親族、友人からお金の借入しないようにしてください。

ですから、良い破産は周りの人に具体的に家族、友人に迷惑をかけない「借金」をしなくていい時にするべきです。

幸い、日本では借金で命まで取られません。しかしながら気の弱い人がドンドン借金が増えていくと気持ちが落ち込みますので、その前に破産手続きをしてください。

破産手続きをして、約3~6月かかりますが、裁判所に行って簡単な法廷で裁判官、顧問弁護士、破産管財人の弁護士、それと意義がある場合はその代理人弁護士などが出廷しますが、私の場合はみんなが集まってわずか10分ぐらいで終わりました。

幸い、2つの金融機関の内、一つは友人により、ミュージアムを買ってもらったので、借入は無くなり、もう一つの金融機関は保証協会が保証していましたのでこれも無くなり、もう一つのエンジェルミュージアムの大家さんも1億の資金でしたが総額1億8千万の家賃支払い額の内1億2000万円はすでに支払っていて、しかも保証金とエンジェルミュージアムにかけた1億の造作や展示物も全て置いて行きましたので、代理人は来なくて直ぐに結審しました。


裁判所から出る時スッキリしました。全て財産は無くなりましたが、借金もゼロになり、後は自分の生活再建する事、だけですので今までの借入の為の返済の事は全て無くなり、仕事も友人のおかげで今までどうりの個人事業主としてしていけ、住まいもそのまま借りていけて、直ぐに生活に支障が出る事は有りません。

ですから、とりあえず生活は出来ますので、少し頭を冷やして様子見る事は出来る時間を貰ったと思いました。

普段から親戚、友人、知人に借入金は絶対にしてはいけません

そこまで行くなら、生活保護という手もあるので、立ち直るまでお世話になります。ハリーポッターの作者も一時生活保護を受けながら生活しあの大作を完成しました。今は高納税者になっています。

破産する時、それまでも一度も友人、知人のお金を借りた事は有りませんので、これからの事で応援してくれました。

悪い破産は周りの人たちに大きく迷惑をかけることです

その中でも最も良くない事は自分の命を縮めることです。これだけは絶対にしてはなりません。

年間3000名ぐらいの人達が破産して、命を縮めています。私の前職の宝石と毛皮の仕事で宝石の販売、修理、リフォームの仕事を御徒町駅のそばで素敵な店舗を持って頑張っていた知人が倒産、破産して命まで無くなりました。

ある時宝石の修理を頼みに行った時、社員がポツンとして申し訳ございませんがもう仕事を受ける事が出来ません。社員さんがちょうど店舗の整理にきていた時なのでそう言われ、どうしたんですか?と聞くと、倒産、社長さんは破産して、命を絶ったと言われ衝撃を受けました。

景気がいい時には社員の人とカリブ海まで毎年の様に行っていた会社の社長がこの様な事になりシッヨクを受け、しかも一番の社員が葬式に行くと中に入れないほど奥さんが悲惨な光景でした。と言って別れました。

この様に悪い破産は周りの人達までどん底に引き下げるので、絶対にしてはいけません。お金は大切ですが、命ほど尊いものは有りません。

今の日本は働けばそのなりの生活は出来ます。儲からない会社にしがみついて命を縮めするほど企業の値打ちは有りません。

倒産、破産の1回ぐらいは経験している経営者は結構多いですよ!マネーの虎に出ていた、南原竜樹社長も倒産して、再び立ち上げて100億円企業を作り前回の失敗した事を反省して、社員を大切にすることを学び盤石な企業を作っています。

今、再び脚光を浴びている与沢翼も無一文なってから、再び70億円以上の資産を作り話題になっています。

若い時の倒産、破産は一度くらいしていても全然怖くないですよ。怖いのはそのことで心まで折れてしまう事です

どんな、一流企業の経営者でも一度や2度ぐらいは倒産しなくても、ギリギリのところまで行っています。すんなり会社を大きくした人は皆無ですよ。

それでも再び立ち上げる人は、どんな時も自分の心に少しご褒美を上げる事を出来るようにどこかに心の遊びをしています。

起業は怖く有りません。私も8つに会社の起業に立ちさわり、その中で2,3年で解散したこともあり、20年近く経営した会社が2つあり、最後の方に倒産、破産しましたが、今も個人事業主として頑張っています。

会社を起業するのは早い方がいいですよ!もし失敗しても立ち直りがはやいからです。一度で会社の経営を諦める人も多いですが、何度で挑戦する人も多いですね。

起業、会社の経営、良い破産の仕方など経験から全て伝授します。

相談はスタートアップストーリーのマッキーに気軽に連絡してください。

masakitsuchie9990@gmail.com

倒産し、破産して地獄に落ちそうになった時、たった一つの事で救われました。

家族と2人の友人に支えと具体的に援助をしてくれました。

先ず、破産した時どの様な手続きをしなくてはいけないでしょか!はとんどの手続きは自分の相談した弁護士「顧問弁護士」が用意してくれます。

後は破産管財人になった弁護士とのやり取りです。私の資産を徹底的に調べます。金融機関の通帳も全部コピーして、見せなければなりません。

その前にしなくてはいけないのが、通帳残高をゼロにしなくてはいけません。クレジットカードは全部没収です。

後、手紙、はがき、その他色んなお知らせなど郵便物、郵便ポストも勝手は全部に開けてみる事は出来ません。郵便物は破産管財人に行くように手続きされます。

郵便物は全部破産管財人が見てから、私に返してくれます。この様な事を通して隠れ資産などがないか、調べます。

破産管財人によっては金庫、箪笥など調べる弁護士もいるそうですが、私の破産管財人はそこまではしませんでした。

完全にプライバシーなどは存在しません。この屈辱に耐えるためには自分だけの事と思わず、家族の事を大切にすることを思い我慢します。

一応現金で100万円までは許されているので、見て貰っても私に場合は大丈夫でした。ほとんど破産手続きで私の顧問弁護士が現金を押さえたのであまり多くの現金は残っていないので、残っている現金が少ないので明日からの生活をどうする事の方が大切です。

幸い、2つのミュージアムを作る時に自分の持っていたマンションは販売していました。住まいは妻の名義で賃貸マンションを借りていたので、直ぐに出る事をしなくても大丈夫です。

友人がサンタクロースミュージアムを買って私に貸し、今まで通り経営をする事が出来ました。

そして一番大切な事はこれから生活の為、私の仕事をどうするかが重要です。幸いなことに一人の友人がサンタクロースミュージアムを買ってくれることになりました。

破産管財人の不動産価格を調べる会社が2000万円と提出したので、私の友人は金融公庫が担保として残っている支払い残高を全額以上で買って買ってくれたので、破産管財人も直ぐにオッケイを出しました。価格は2900万円です。

そして、これからは友人がサンタクロースミュージアムのオーナーになって、私は貸借契約をして毎月の家賃を支払って経営を続行する事が出来ました。

娘がアメリカ留学していましたが、心配して日本に一時帰ってアルバイトをしながら学費を稼いでいました。

もう一人の友人が300万円を一時貸してくれました。

ある程度めどがついたので、後1年で卒業出来るのでアメリカに行く事にしましたが、今度帰る時大学からきた書類の中で預金の残高証明に300万円が必要と書いてありました。

破産した、私には300万はとても用意できません。そこでもう一人の友人に少しの間300万円を貸して欲しいと言いました。友人はこころよく直ぐに貸してくれて300万円の残高証明書を金融機関が出してくれたので、娘はアメリカに向かう事が出来、無事に入国出来、1年間頑張って卒業して帰って来ました。

自分の奥さんもミュージアムの手伝いして、少しでもアルバイトを増やすことをしないようにしてくれました。

息子も大学の休みの時は手伝いにきてくれて大いに助かりました。そして2人の娘も弟の学費と言ってかなりの金額を出してくれて大いに助かりました。

倒産し、破産しても友人が助けてくれて、家族も支えが有ったので無事に厳しい状況を乗り越える事が出来ました。

矢張り、周りの人家族、友人の大切さがこれ程感じた事はありませんでした。友人は私達の仕事、生活の事を心配して3000万円近い資金を出してくれました。

また、もう一人友人は子供の留学の為の資金も気持ちよく出してくれるのは本当にありがたく思います。

家族もみんなそれぞれ支えてくれたので、一番厳しい状況の時、なんとか無事に過ごすことができました。

日頃から、仕事、起業・会社経営、全て、やはり人を大切にしなくてはいけない事をつくずく思います。

何のため仕事するのか、何の為起業するのか、全ては家族、友人、知人、大きくは社会の為にすることです。

人は、一人では絶対に生きていく事は出来ません。困難な時ほど支え合い、助け合い、そしてみんなでのりこえれば、乗り越えれない壁など有りません。

これが倒産して、破産した経験者のおもいです。

起業・会社経営、、破産しない経営方法を伝授します。

スタートアップストーリーのマッキーに気軽に連絡してください。

masakitsuchie9990@gmail.com