節税の為に経費の使い方で税金の支払い額が決まります。

税金を沢山払うよりも自分のためにもっと使った方がいいと思い実行することにしました。

経費を使い節税出来ます。

物品購入で節税出来ますが、車、パソコン、その他販売促進のための物なども節税出来ますが、それぞれ直ぐには全額償却することは出来ません。

物品購入などして償却出来ますが、今回には向きません。

例えば普通車の償却期間は6年間で、300万円のを新車を買っても年50万円しか節税出来ません。もうその時、車も2台持っていましたので必要性が無いので有効な手段では有りません。

接待交際費は節税には良い手段です

接待交際費は資本金にもよりますが、私のような小さな会社は有効に使えます。人との付き合いはどんな会社でも生命線ですので上手く使えば、投資にもなるので節税効果と仕事のメッリトになります!

事業の為の勉強会、視察研修旅行などはほとんど経費で認められるので良い手段です。

コラボしていた会社と契約を辞めました。お世話になった会社なので、自分が開拓した基盤を全てその会社に置いてきました。

忙しい毎日でしたので、次の事業に挑戦する為に、少しの間自分の時間を取ってみる事にしました。

次の事業に挑戦する気力を蓄える為にお金と時間を使います

コラボしていたおかげで、多くの売り上げが有り資金が出来ました。ある時公認会計士の先生からもう少ししたら決算をしなくてはならないので、と言われ相談すると利益がすごく出ているので、多くの税金を払わなけばならないのでと言われて、いくらくらい払うのですか?と聞くと1千数百万円、しかも2千万円近いと言われて愕然としました。

経営の為に経費もなるべく節約する様にして来たので、何故か虚しさがおそいました。この機会に自分のために、今まであまり経験出来ない事を経費を使う事に決めて実行しました。

2か月も決算日は有りません。この期間で少し贅沢をしょうと思い、先ずは私はお酒をあまり好きではないので銀座や六本木あたりのクラブに行く気にはならないのです。

ですから、同じ銀座でも老舗の寿司屋さんに行って、1貫3000円のトロなど食べに行きましたが、数人で食べても10万にもなりませんでした。

高級フランス料理レンガや、マキシム、などその頃トレンドで有名店に行きました。前菜のテリーヌ、6000円、スープ、5000円メインの魚12000円肉の料理15000円デザート2000円、でも一人5万円と言ったりしました。

時には赤坂の重箱と言われるウナギの専門の料理屋にいつもお世話になった人達を接待するので、行きました。しかしいくら高級料理を食べても毎日行く事も出来ないので、思ったより経費は使えませんでした。

ある時、毛皮の業界の世界一周の高級なツアーが有り、ラスベガス、ニューヨーク、フランクフルト、ミラノコレクションなど、普通の人では行けないような場所にも参加出来るツアーです。ツアー料金もすごく高いですが、一人100万円近い視察旅行ですが、経費を使えると思い、参加しました。

席もエコノミークラスよりいい席でその頃はファーストクラスとエコノミークラスしかないのですが、座席の間が広い席でした。ホテルも超有名ホテルで一人で使える部屋を用意されています。

ラスベガスではシーザスパレスホテルと言ってその頃のラスベガスでは一番いいホテルと言われています。昔のローマ帝国のイメージで作られていて、従業員のサービスする人も昔のローマで着ていた服を着ていました。

昼はラスベガスのコンベンションセンターで毛皮の展示会があり、見て回ります。だいたい一つ̪市で2泊し、一泊目は業者主催のファッションショーとディナーに参加し、2泊目は自分で自由につかえます。

ラスベガスでツアーの知り合いと二日目にはポールアンカ「マイウエイ」を作曲した、有名歌手が経営しているレスランに行きました。

ホテル街から20分ぐらいで着きました。キャンドルがテーブルを飾り、光がきらめきあってとても素敵なレストランでした。

次はニューヨークに行きました。ニューヨークはコンベンションセンターでなく、毛皮の専門業者が集まっているビルで各業者がファッションショーしながら、毛皮の売り込んで来ます。

泊まるホテルはウオドルフ、アストリアホテルでニューヨークに来たレーガン大統領がいつも使う由緒あるホテルです。

そしてディナーショーに招待されました。昼は地味な服を着た、毛皮の販売さんは素敵なドレスアップしていますし、男性はフォーマルスーツ着てみんな昼と夜の使い分けが素敵です。生活をエンジョイしている事を感じました。

モデルさんも多く来てダンスタイムになると、私達を誘ってくれて盛り上げてくれました。

次に日は自由時間で昼はハドソン川クルーズに行き自由の女神を見たり観光しましたが、夜は各自でするので、思いきってリムジンのハイヤーを予約してホテルで紹介してくれたレストランに行きました。

レストランに行くと黒のスーツを着た人が2人迎えてくれました。ドアーも開けてビップ扱いです。きっとホテルから連絡したと思いました。

連れは知り合いのコラボしていたコート会社のデザイナーの女性と行きましたので、すごく丁寧な接客をしてくれました。メニューもお勧めの料理をオーダーしましたが、びっくりするくらい大きなロブスターが出てきましたが、大変美味しく頂きました。

2人で600ドルくらい支払い、気持ちいい接客してくれたので、チップも200ドル置いて来たので、リムジンの車まで来てドアーまで開けてくれて、見送りに来ました。

ホテルのベルボーイやドアーボーイさんにも20ドル上げたりチップをドンドン渡したので、私がエントランスに行って出かける時はみんな丁寧なあいさつしてくれました。お金の力、恐ろしいと感じました。私は経費を使っていたので、お金の心配せずに本当に楽しんでこの旅行を過ごしています。

今までこの様な経験は出来ません。お金のことを心配せずに旅行することは驚きの世界をほんの少しですが、垣間見える事が出来ました。

本当のお金持ちは当たり前のことです

本当のお金持ちはあたり前の事を日々すると思いますが、一瞬でしたがその世界に経験出来た事は有りがたいと思い、日本に帰ったらもっと仕事を頑張ると決意しました。

全て、全額がこの視察旅行で経費で認められるかは分かりませんが、公認会計士の先生も少し心配している部分もありましたが、決算は無事に終わりました。

起業のお手伝いをいたします。スタートアップストーリーのマッキーに気軽にお問い合わせください。

masakitsuchie9990@gmail.com

商品を売った後が大切です!

私の仕事は宝石と毛皮の製造販売の仕事をメインにしていました。顧客は分かった人が多いのですが、紹介してくれたお客様がよく言います。

その様な宝石、毛皮を買っても付けて行く所や機会が有りません。と言う人がけっこういます。ですから私はネックレスや指輪を付けてもらい、この様な時付けて行ってください。とイメージを膨らませて話します。

商品の事など、見せて、付けてみたらほんの少しの時間で終わります。ですから大切な事はこの商品を付けたら世界が変わりますよ!と言って具体的に話します。

私の仕事はエンドユーザー「直接買ってもらえるお客様」には接客が全てと思って夜のご飯は家族より、お客様との食事会が多いのです。

売った商品を付ける機会を提供します

食事会に行く時、矢張りお客様が着飾って、高級なネックレスや指輪を付けていくとホテルのレストラン、老舗のフレンチレストラン、イタリアンレストラン、などの扱いが違います。矢張りいい席に案内します。その様な経験はいつもしました。

その為にはいつも目新しいレストランや食事処を探します。勿論ホテルのレストランも一つのアイテムとしてよく使います。またお馴染みのお客様になって無理が聞くレストランもいくつかありました。

時にはバブルの頃は食事会の後、その頃のトレンドのマハラジャ、有名ディスコ「今ではクラブ」と言う所もお客様は喜んでもらえます。

そして夏、冬には半分ボランティア団体が主催するぱ、パーティーなどもよく行きました。ソロプチミストや皇族も名誉会長「三笠宮殿下」などのパーティーもよく行きました。

そのパーティーは宝石と毛皮の競演みたいですね。同じテーブルには割と有名人もいますし、怪しげな綺麗に着飾った女性もいます。

冬に開催された「三笠宮が名誉会長」になっているパーティーに行きました。私がエスコートしているお客様は私から買っていたただいた、ロシアンセイブルのロングコートを着て行きました。

すると一斉にそのお客様の着ていたコートを脱がす時見ています。ボーイさんを呼んでクロークにあずかってもらい、そしてテーブルに座ると一斉につけている宝石類を見ないふりをしながら見ています。

面白いですよ!私は仕事柄直ぐに周りの女性の付けている、アクセサリーを見てしまいます。

そして大体付けているアクセサリーの価値がわかるので、隣にエスコートしていったお客様が私に聞く事もあります。

お客様があの人のネックレスはすごいですねーと言うと「あれは本物の聞くと」いえ、イミテーションの普通のガラスのネックレスです。と答えました。

何か見栄の競演の様なパーティーでフルコースが終わるとダンスタイムになり、踊ります。しばらくすると早い曲が流れてディスコのような踊りが始まり、私もお客様と踊りました。

売りぱなしはダメです‼

売った商品を如何に使うか、使うと良いことが起きるかも、便利になると、どの様な世界、商品も同じ事が言えます。

アフターケアーは如何に売った宝石、毛皮など付けていく、機会を作る事です。それはちょっとした、外食でもいいのです。

宝石、やアクセサリーはちょっとしたオシャレには欠かせないものです。シニアになっても耳にピアスやイヤリングを付けている女性は素敵に見えます。

自分で自分の売る商品の物語を作ると売りやすくなります

売る商品のクオリティーも大切ですが、買ったお客様が如何に喜ぶかがもっと大切です。お客様が喜ぶと、顧客が増えていきます。

一番大切な事はお客様の信頼を勝ち取り、喜ばす事が出来る営業マンの本筋ですね

会社の大きさでなく、最後は個人、個人のつながりです。それさえ勝ち取ると何でも販売できます。

それさえ出来れば、明日からでも個人事業主としても成功する人になります!やがて大勢の人達に仕事を与えることが出来る様になります。

起業のお手伝いをいたします。シニアスタートアップのマッキーに気軽にお問い合わせください。

masakitsuchie9990@gmail.com

第二の起業も宝石と毛皮の仕事をスキルアップしました。

バブルの真っただ中、同じ業界「宝石と毛皮」の2回目起業も株式会社ジョエルとなずけてスタートしました

再び元店長が宝石業界の勉強とお客様を獲得する事でめどが出来たので、一緒に宝石と毛皮の仕事をすることになりました。

横浜の閑静な住宅街にショールームを開設して、宝石,高級時計など、卸、小売りをしました。

元店長に今まで獲得した顧客と新規のお客様を獲得する為に、色んな提案し商品を委託販売する事になりました。

雇用契約でなく、完全独立の自営業者として、して欲しいとの彼の思いを大切にしたからです。

宝石商は色んなスタイルで起業できます。

宝石業界には独特の販売する人達がいます。その人達は店舗を持たずに、カバン一つで商売する人で、資金が少ない人達にとってはとても便利な方法です。信用力を付けるのも大変ですが、経費が少なく済むので宝石商としてスタートするにはいい方法です。

私も彼に1000万円以上の宝石をいつも信用で委託していました。

元店長も銀座の会社で顧客確保できたので、まずまずのスタートをしました。中には数百万の時計の引き合いがよくあり、売り上げに貢献していました。

宝石業界では折り返しと言う言葉がありますが、意味は売り値の50パーセント、半分で卸すという意味なので、100万の売値だと50万円で卸す価格の事です

勿論、値引きも有りますので50パーセントの利益取れませんが、2~3割の収益が有りますので、一月300万の売り上げがあれば、100万円くらいの利益は取れます。

いい顧客を持てば年収は2~3000万円はそれ程むつかいしく有りません。

経費1~2割を差し引いても70~80万円の給料として使えるので、良い顧客を10人ぐらい持つと年収は1000万~2000万円はそれ程むつかいしくありませんでした。

私も卸売りしながらも、良い顧客を持っていましたので、時々遠くに日帰りで宝石販売する事もよく有ります。

朝、カバン一つで売りに行く宝石を持って行きました。地方でも良いお客様がいますので、ご馳走してくれます。そして宝石を売って帰るとカバンには100万円札束が幾つも入っています。

多い時は10束くらい持って帰る時も時々有ります。この時は嬉しいのと、次に何を持っていくかと考えながら気持ちを引き締めて帰ります。

宝石業界より不動産業界はバブルの最先端でまさしく泡のように膨らんで行きます。

しかし、バブルの時は3000万円以上の年収を稼いでいた私でも大したことないと言う知人がいました。不動産業界で荒稼ぎしている人で、とても友人にはなれません。勿論、不動産会社を経営していても堅実経営をしている人もいますが、ほとんど不動産会社を経営している人はおかしくなっていました。

なぜなら新宿区で知り合いの2~3の不動産会社はわずか、20坪~30坪の土地でも転がしと言ったり、きゃちボールと言って一つの物件に行ったり来たりして、全く間に値が上がり1週間で数千万抜いたと言って自慢話をします。

ある時、私の知り合いに家を紹介しました。郊外なので6700万の物件でしたが、直ぐに売れたので銀座に飲みに行くと誘われて行きました。

10万円くらいのボトルを開けて大騒ぎです。その日も100万円は使ったと思います。私はあまりお酒が好きではないのでしら~としていたら、下品ですがホステスさんにお酒を飲み干すように言って、飲み終えると1万円を胸の服にいれるのです。

ホステスさんも喜んでドンドンお酒を飲むので1万札が何枚も入り嬉しそうでした。この様なバカな事が続かないと思って、少しは資産を分散した方がいいよと言いましたが、誰も聞く耳を持ちません。

日本の全土の土地でアメリカの全土の土地を2つも買えると言った時がありました。

バブルの頃の土地の価格は本当に泡のように膨らんでいきました。日本全土の狭い土地でアメリカの全土の土地を2つも買えると言われました。

ハワイのホノルルの海辺のホテルの半分以上が日本人が買っていました。アメリカ合衆国のニューヨークで毎年クリスマスツリーの点灯式をする、ロックフェラーのビルまで買ってアメリカ国民からブーイングをされました。

今では世界中を中国人が不動産を買いあさっていますが、日本のバブルの時も一緒でした。

中国バブル経済も何時までもつか分かりませんが、私達も健全なしごとを持つように頑張らないといけませんね。

起業のお手伝いをいたします。シニアスタートアップのマッキーに気軽にお問い合わせください。

masakitsuchie9990@gmail.com