飲食店経営するときシニアと若者の起業はどこが違いがあるのか?

飲食店を経営に年は関係有りませんが、一番気を付けなくてはならないのが体力です。自分が店に立つ場合、長時間の仕事は無理があり、よく流行っている店が閉めるケースがあります。

私の近くに美味しい中華料理を出す店が有ってよく利用していましたが、ある日突然店がなくなりました。

昼のランチタイムもいつもいっぱいで、土日の夜も直ぐにいっぱいになるので早く行っていました。後で聞くとシニアになって体力に限界を感じたとのことでした。

どの様な立場で店作りをするのか、経営で徹するのか、全部自分で厨房に立ち、サービスも家族でするのかはそれぞれの思い、願い、やり方で決まります。

飲食業は基本的には長時間労働になり、若者でも大変です。ですから人材募集してもなかなか集まらなく難しい事があります。

私もステーキハウス、テキサスを神田小川町に開店しましたが、売上はまあまあでしたが、人集めに苦労しました。

私のメインの仕事は宝石と毛皮の仕事でしたが、時々店長から朝、電話がありアルバイトが休んでいるのでヘルップしてください、と言って来ます。

仕方がなく私も店頭に立ち、ウエイターの仕事をよくしました。20坪30席で4人で店を回します。厨房に立つ人2人、ホールでサービスする人が2人とローテーションを組んでいますので、一人でもぬけると回らなくなります。

昼間で5回転、150人が来店し毎日3時間でこの人数をこなします。ですからみんなこの時間は少しの時間も気を抜かずに働きました。オフィス街なのでランチが売り上げが60パーセント以上なので、これがこけると経営にダメージになるので、いつもピリピリしていました。

ただ、ランチである程度の売り上げが見込めるので、経営的にはまあまあでしたので、ステーキハウスを経営したことはいい経験でした。

次にラーメン店を経営しました。今は全国的に200店以上に大きくなった、フランチャイズ花月の走りでした。まだ数店舗しか無い時でしたが吉祥寺駅前に3000万円の投資をしました。

今度の花月との契約は投資だけなので具体的に店に厨房に立ったり、人の手配は花月本社がするので、投資だけをしました。

ラーメン店を経営は飲食業の中でもオープン時間が長いので、シニアが個人で経営するのはお勧め出来ません。

花月の場合、朝11時から次の朝の5時まで営業します。勿論社員は2交代で営業するので我慢できないほどの拘束時間はありませんでした。

これがもし、個人で営業すると、経営者は一日中店が開いてる間は気を抜けません。そして、短い時間営業では仕込みや、固定費、経費の関係でむつかしくなるので、どうしても長時間労働になります。

私の様に投資だけでも、深夜に目が覚める時、今でも店が開いていると思うと、働いている人に感謝とありがたい気持ちになります。

これが、もし自分で厨房に立って働いていると考えたら、とてもやっていけないと思います。

若い時の起業はドンドン攻めていいかもしれませんが、シニアは矢張り体力、気力を考えて店作りを考えてください。

一つの方法

山中湖で仕事をしている時、近くに富士吉田市があります。富士吉田の名物の一つは太くてこしのある、富士吉田うどんが有名です。

山梨には全国的に有名なほうとうがありますが、同じ麺るいなのですが、全然違うものです。ほうとうは味噌味で、平麺で具はカボチャなどがメインですが、富士吉田のうどんは太くてもっちりして、味はしょう油です。具はキャベツとあぶらげ、お肉が少し入っています。

この富士吉田のうどん店は市内に何十店舗ありますが、ほとんどのお店は自分の家を改造して、営業時間も昼間だけの店が多いでした。

自分の家なので固定費はほとんどかかりません。人も家族の経営ですので人件費もかかりません。麺類なので原価率も低く出来ます。具で個性も少しはだせます。営業時間も短いので負担が少ないので、ほとんどの店は長い期間経営を続けています

もし、シニアの貴方が飲食店を経営するなら、このやり方に参考にしてください。蕎麦屋を、シニアが経営しているところで、土日祝日のみ営業している所もあります。

この蕎麦屋さんも、やはり自分の家を改造して店を作っています。やはりこれからのシニアの生き方として、儲ける事も大切ですが、どこかで世の中と接点を作る事や生きがいなどが大切ですね。

ですから、益々体力は間違いなく落ちていくので、シニアの生き方のキーワードは無理せずに、楽しく、出来る事、したい事をする様にしてください。この様に生きているシニアは気力、体力がある人が多いですね。

起業する人のお手伝いをします。シニアスタートアップのマッキーに気軽にご連絡ください。

masakitsuchie9990@gmail.com

若い時の起業とシニアの起業とではどこが違うのか

若い時の起業は20代ですが、中には大学の在籍中にする人も増えています。私は33歳で起業し独立しましたが、ネットの世界では10代から起業して中には20代の半ばで上場する企業も増えています。

世の中の価値観がドンドン変わります。もう大手で一生安泰に生活を出来る事はありえないくらいの時代となっています。

昨年も大手の企業がリストラすると、発表しました。富士通、5000名、リコール、8000人、NEC、3000人、東芝、7000人、みずほ銀行、1万9,000人、三菱UFJ,9500人、三井住友、4000人、どうですか、日本を支えている、企業ばかりです。

又、残った人も、一部の人をのぞいてほとんどの人が45歳までは昇給しますが、それからストップし位置も上がらず、60歳になると、大幅に減収します。

なにかおかしいと思いませんか?人手不足と言われていますが、現にリストラされている人も多いです。

これは完全にミスマッチが起きています。人手不足の3K、飲食業、介護業界、サービス業、そしてIT業界「エンジニア」

富士通などはITのハード企業の代表ですが、一方ではリストラ、そして人で不足のITのエンジニア、益々専門分野の人が足りなくなっています。

かたや、60代のシニア世代では、定年後この3Kの仕事ばかりです。中には系列会社の子会社に再就職できる人もいますが、待遇は随分と落ちます。

起業する人の年代別構成比

起業の昨年度、2018年の起業の年代別は、20代7パーセント、30代32パーセント、40代35パーセン、50代19パーセント、60代7パーセントです。「日本政策金融公庫総合研究所」1746社の「新規開業実態調査」のデーターです。

昨年で初めて、40代で起業する人が一番多くなりました。年々シニアの起業が増えていると言われています。

シニアの起業は割とスムーズにいく人が多いですね。それはある程度の自己資金が有る事と、今迄の経験を活かせる仕事を選ぶからです。

起業する人の平均年齢は43歳で、1年後の黒字は60パーセントですが、60代の成功率はもっと多くなっています。

そして何よりも、ガツガツ働かなくても、お金のかかる子育ても終わり生活が出来るからです。ですから1人や2人で始めることが多くて、夫婦始める人も多いですね。

それに何より大切にしているのは、好きな事、出来る事、そしてしたい事をする人がほとんどです

若者の起業する人のキーワードも矢張り、好きな事、したい事、楽しい事です。特にネットの世界で発信している人は皆同じ様な事を言っています。

起業は夢の様な事では出来ません。ネットで発信している人で稼でる人達も決して楽してはいません。皆発信している人は勉強もよくして、本もよくよんでいます。

シニアの起業はアナログの世界でも自分の家庭くらいの稼ぎは充分に出来ます。しかしながら矢張り少しくらいはネットの恩恵をもらうことも一つの生き方ですね。

私も今ほど若い人達と交流を大切にして、勉強しているときは有りません。アナログの世界とデジタルの融合は私達シニアの一番の出来る強みと思っています。

私のモットはやって失敗するよりは、やらなくて失敗する方が何倍もモチベーションが落ちるので、進む事にしています。勿論それだけ失敗も多いですが、やる気満々です。

貴方も一度しかない人生を、挑戦してもいいと思います。私も68歳で新しい事業を起こそうとしています。

青年の時と同じ様に、ワクワクする事を仕様としています。起業する人のお手伝いをします。

シニアスタートアップのマッキーに気軽にご連絡ください。

masakitsuchie9990@gmail.com

シニアこそ今までの生活スタイルを変えて、新しい事業、仕事、をしてはどうでしょうか!

ケンタッキーフライドチキンの創業者、カーネル.サンダースは65歳より本格的に創業しました。

70年代に中目黒にシニアだけのチーズケーキ専門店がオープンしました。当時シニアのケーキ屋さんのオープンは珍しい事なので、マスコミ界は大きく取り上げて話題になったことを思いだします。

その中でとても印象に残った言葉に、何故チーズケーキ専門店ですか?と質問に答えは簡単でした。プロのパティシエがいないので、一つだけ、チーズケーキだけ絞って研究、勉強して、店をオープンしました。とのことです。しかし年月はおそろしいもので、今ではチーズケーキ専門店の老舗になっています。

シニアが幸せな人生を送るには!

この頃、土曜日の夜6時から人生の楽園と言う番組があります。ほとんどがシニアの紹介で会社員を辞めて、農家をしたり、又小さなレストラン経営、蕎麦屋の開業したり、民宿などをして楽園作りと言って、色んな人の生き方を紹介しています。

ほとんど田舎暮らしの紹介です。シニアが創業しているので、割と無理なくしているのとが多いですね。そしてほとんどの人は自分がしたい事、好きな事と言っています。

それとほとんど、自分の舞台を作る事からしていますので、自分の住まいと仕事場が一緒の人が多いです。言い換えれば賃貸物件ですとお金がかかり、利益を追い求めて頑張らなくてはいけないですが、自分の物件で住まいと仕事場ですと、ほとんど経費が掛からないので、土日だけの営業日とか、時間を割と少ないのがほとんどです。

それに、全員ではないですが、年金があるので無理して働く必要が無い人の生き方を、割と楽しく、夫婦仲良くが番組のテーマです。

山中湖でミュージアムを経営している時、実は私にも取材の依頼がありましたが、仕事場でしたので、住むスペースは有ったのですが、メインの住んでいる場所でなかったので、この話はなくなりました。

近年では40,50代の起業が合わせて54パーセントと、一番多くなっています。60代も20代と同じ7パーセントです。「日本政策金融公庫新規開業実態調査、総合研究所」の2018年のデーターです。

ですから無理な起業でなく、自分の舞台を作る事を思い描いて、先ずは小さな資金で始めることが出来る起業、事業、仕事をしてください。

シニアの仕事探しは大変です。ほとんどが若者がしたくない、ガードマンの仕事、掃除、介護、マンション管理人「と言ってもほとんどが掃除」です。後はデイサービスセンター、や浸透圧のクリニックの送り迎えなどです。

ですから、せっかく多くのスキルや経験を活かせる、自分の舞台を作る事をお勧めします。

また、色んな資格や、勉強会などで自分のスキルアップの為や、違う人脈作りをして、豊かな生活を出来る様にしてください。

それは若者より体力は落ちますが、若者にはない体験があり、時間も多く自分で作れる環境にあるので、それを生かさなくては勿体ないですね!

人生の楽しさを倍にするには美味しい料理を作るようになってください。

それと男性の方もこれからは、積極的に料理を作れるようになってください。楽しいですよ!いま男性の参加できる、料理教室も多いですね。それと私も知人からそば打ち体験してそば打ち教室に来て下さいと誘ってくれます。

私は、事業としてステーキハウス、ラーメン屋、イタリアンレストラン、スイーツ、カフェを経営していましたので、その時シェフやパティシエ、ラーメン職人技を教えてもらいましたので、かなり料理は得意ですね。

知人の奥さんが病気で倒れて、自分で食事の全部やっていくので大変です。と言っています。これからは男子厨房に立つべきとみんなに言っていますし、簡単にできる食事作りも教えています。

人の出逢いは多く有りません。ですから自分から進んで人脈作りをしてください。私も多くの若者達との出会いが出来る機会を作るように頑張っています。その中で美味しい料理作ることは一つの出会いを増やす方法として、割と有効ですね!

孫も美味しい料理を作ると遊びに来る機会も増えますし、知人も呼べることが増えます。仕事の根本は、居食住をいかに作るか、確保するかで人類の発展してきました。

今はそれに情報と言うツールがキーワードになっています。その為にはインターネットの世界も、シニアの皆さんも含めて、私も含めて勉強しなくては勿体ない人生になります。

是非とも色んな事に挑戦してください。

起業の相談してください。

シニアスタートアップのマッキーに気軽にご連絡ください。

masakitsuchie9990@gmail.com