シニアにとってお金が無いのは不幸の原因の一つですが、意欲を失った人はもっと大変です。

破産高齢者が200万人と言われています。勿論具体的に破産してなくても生活が大変と言われるシニアです。

年金の不平等で特に自営業者は国民年金しか、かけていないと多くても65000円しかありません。

サラリーマンでは2階建ての基礎年金と厚生年金で25年以上かけていれば少なくても10万以上になり、40年以上以上の人は20万円以上あり、奥さんは公的年金制度で扶養されて、1円の年金を支払ってなくても、3号被保険者とされて不公平な年金制度です。

夫が40年サラリーマンを勤めあげると妻には国民年金の65000円が入ります。すると40年間サラリーマンを続けると収入にもよりますが、夫には22~23万円くらいあり、妻と合わせれば28~30万くらいあり、普通の生活には困りません。

サラリーマンの夫婦の合わせた厚生年金の平均額は22万円と発表されています。しかしながら、自営業者は妻の分を国民年金40年払っても満額で65000円です。

夫婦合わせても130000円にしかならず、国民年金だけでは生活できません。日本国憲法で誰もが健康で生活出来るように定義されていますが、現実は200万人の高齢者がとてもちゃんとした生活が出来ないのも現実です。

この様な国が制度を作りましたが、片手落ちと嘆いても現実は厳しいくどうにもなりません。

では破綻寸前の高齢者は如何に生きるか考えて、 一人一人 ケースは違いますが どの様に行動すればよいのか具体案を示しましょ。

生活防衛をしなくてはいけません。

入ってくる年金はいくらぶつぶつつぶやいても上がる事は有りません。先ず徹底的に出るお金を見直されなければなりません。

テレビやネットで見ても高齢者の1人暮らしでワンルームマンションやアパートで暮らして狭く、その割に家賃が高くもらってる年金例えば月13万円で、家賃が5~7万円そこから公的税金、国民健康保険、介護保険などを払うと5万円残るかそれ以下になり、そこから光熱水費を払うと一月3~4万円で食費、生活の為のお金しか使えません。

NHK番組で悲惨な高齢者の放映をしていましたが、その住まいの周りには同じ様な高齢者が住んでいて、食費はディスカウントの物しか買わないで、暑い時はクーラーをつけずに窓を開けて我慢し夜は8時くらいには電気を消してしまって、周りの家も真っ暗になっているとのことです。

又ある高齢者は歯が抜けているのに何も出来ないとか、体が悪くなっても医者に行けないとか言って悲惨な生活をしている様子を放映されていました。

それではその様な状況から抜ける為にはどうすればいいのでしょか?何もしなければ同じ様な生活が待っていますが、ほんの少し考え方や観点を変えて行動すれば同じ年金生活でも随分変わる事が出来ます

2つの生活防衛

一つ目は家賃を下げる事です。固定費で一番の出るのが家賃ですが先ずこれを下げる事です。

年金生活者はある部分自由ですね。働いている現役世代の人は通勤の事も考えなければならないのですが、年金生活者はそこから解放されているので、地方に住む事を進めます。

あまり不便な場所ですと、買い物や病院に行く事も大変になるので、地方都市のちょっと離れている所は本当に家賃が安く借りれます。

地方は人が減少傾向にあるので割と便利な所でも家賃はグ~ンと下がります。例えば私の知り合いに長野県の上田市に駅からも近く買い物も便利な場所の一軒家賃貸ですが、3DKで3万です。

私の前職で山中湖に居ましたが、矢張り知り合いですが河口湖の奥の方の村ですが、古い一軒家ですが、家賃1万で借りる事が出来て良いよと言っています。

地方になると,廃家がドンドン増えてるので、人が住んだ方が家が悪くならないので安くなっています。

地方で安い一軒家で少し土地があれば庭に簡単に出来る野菜作りをしている人もけっこういますよ。都市では高い野菜が安く手に入るのも地方のメリットです。

市営住宅、県営住宅に申し込みしましょう。ぐん~と家賃が下がり、けっこう快適ですよ

どうして都会に住みたいなら、市営住宅や県営住宅をお勧めします。良い場所はなかなか当たらないですが、年金生活者は少し駅から離れていても買い物が便利なとこですと割と簡単に当たります。

年に2回の抽選会があります。市役所、区役所に行けば申込書が手に入ります。1~5回ぐらいは申し込みしても当たらないと覚悟して下さい。しかし人気のない場所では割と簡単に当たります。

2DKぐらいで2~3万円です。地方都市の市営住宅は古いのを我慢すると1万ぐらいであります。

どうですか、今の貴方の毎月の家賃の支払いが仮に5万円ですとそれを考え方を変えて行動すれば2~3万はすぐに浮きます。この差は大きいですよ!

都市の市営住宅に住んで家賃を下げて、そしてほんの週に2日のアルバイトで5~6万稼げば随分と生活が楽になりますよ!

都会で暮らすメリットを生かしましょ!健康であれば働く事は出来ます。

都会のメリットは70~80歳くらいでも職種を選ばなかったら仕事は有ります。現に私の周りにも73歳78歳にの人がアルバイトをしていて週5日働いている人は13~15万円、週2日の人が6万円もらっています。

年金プラス5万~6万円の収入アップは生きる意欲にもなります。何も考えないでぶつぶつつぶやくか、考え方を少し変えて行動するかは自由ですが、暑い時にクーラーぐらいつけて、夜も明かりをつけて、たまには月1回ぐらいは外食することぐらいは本当に出来ます。

惨めと思うか、良い老後は収入にもよりますがほんの少し意欲を取り戻してください。意欲を高めると生き方、考え方が変わって来ます。

一人シニアでも意欲があると周りの人と付き合いが出来ますし、一人静かに暮らしたい人もいい環境作りをすれば、幸せな人生ですし、それぞれ生きてきた環境にもよりますが、なにをしても、自分の居場所づくりをした人は幸せな人生を送ることが出来ます。

自分の居場所づくりはお金をあまり使わないでも出来ますよ!生きている実感をもちたいですね!

お問合せ、masakitsuchie9990@gmail.com

シニアの起業、68歳の挑戦です。サンタトゥルーランドを作りました。

DSC_0042

ほんの小さな10坪もない小さなショールームですが、世界から集めたサンタコレクションが所狭しと飾っています。

私が精魂こめた山中湖のクリスマスの森のコレクションの数ではかないませんが、クリスマスの森に飾っていない、私が世界中から集めたサンタコレクションは珍しいものが沢山あります。マニアの人が見れば欲しくなるものが沢山あります。

山中湖に作ったクリスマスの森から離れて3年が過ぎて行きました。 クリスマスシーズンを少し寂しい思いで過ごしていました。

街にはイルミネーションが輝き、各種イベント情報が溢れています。ただ昔から思っていたのが、あまりにもうわべだけの事が多く、もう少し本物志向があればいいのにと思いつつ、この数年間過ごしていました。

矢張り、クリスマス、サンタ、天使からは離れることは出来ません。ただ、資金も少なくもう失敗しないようにするためには、最低限の経費で運営出来る様にしました。

ですから、勿論一等地に出せませんし、大きなスペースも必要ないので2年以上かけて探しました。

一時は又リゾート地も考えました。熱海や伊豆高原まで見に行きました。少ない予算なので狙いは古い別荘でしたが、矢張りいい物件は予算が合わなく断念しました。

また家から遠くて通うのも大変ですでの、条件を絞って家から40~50分、駅から5分ぐらいの物件情報を見ながら10ヶ所以上見ました。

そして、川崎市多摩区三田にある古いマンションの一階に店舗として使える物件を見て、決めました。小田急線生田駅から5分です。

店舗しては決して良い場所ではありませんが、自分の舞台ですのでじっくりと作り上げて行きます。

シニアにとって自分の居場所づくりは大切です。ここが果たして収入になるかはこれからの事です。

シニアにとって一番怖いのが、気力を失う事です。年金で生活できる人は幸せな人生を送れるかは分かりませんが、少なくとも生活できるので羨ましいのも事実ですが、私の様に年金がほとんど無い人は働きつずけなけれなりません。

幸い幾つも会社を起業し、事業も10以上起こしましたので、起業は怖く有りません。68歳の起業ですが、若い時の様にガムシャラにはしませんし体力がついていけないのも事実です。

ですから、仕事は楽しんでする様にします。勿論事業なので収益は絶対必要です。収益の無い事業では何も生まれませんし、何も出来ません。

オープンしてまだ4日です。数人のお客様が来ましたが売り上げはまだゼロです。食べも屋さんとかレスラン、パン屋さんなどはオープン初日からお客様が来ます。

私も、ステーキハウス、ラーメン店など経営していましたので、オープン初日のセレモニーや花飾りなど華やかにしました。

場所も吉祥寺駅前など一等地でオープンしたので、最初のランチタイム前から行列が出来、売り上げ目標も軽く達成し忙しく毎日を過ごしていました。

それに比べると寂しいオープンですが、じっくりとしていきます。一日ショールームですが、何もしていないと時間があり暇ですが、ブログをして、SNSも増やしていきます。

物語を作るのも大変ですし、今ホームページ作成の為の絵の依頼とか、次から次へと仕事を作って行くので、暇な時はありません。

この場所から色々情報を発信していくつもりなので、パソコンを見ながら、本当にたまに来るお客様に対応する事が、自分が描いたショールーム作りです。

やはり、家でブログをしたり、物語を書いたりするのと全然違います。チョと張り込んで音の良いコンポをかけて好きな音楽をかけています。

皆様も自分の舞台を作ってください。シニアは歳を取るほど居場所が無くなります。まして仕事探しではドンドン良い仕事が見つからなくなります。

人生は一度しかありません。有意義な人生を過ごして下さい。

起業のお手伝いをいたします。シニアの皆さま大歓迎です。私のショールームに来てください。

お問合せ、masakitsuchie9990@gmail.com

一つの個人事業が無くなりました。事業は大切ですが、しかしもっと大切な事は健康と家族です。

友人の個人事業主が無くなりました。

しばらく、ブログを更新できませんでした。何故なら、友人であり個人事業主なかまであり、ファション関係の仕事と近年ではカリスマ占い師になって多くの人の相談を受けていましたが、9月中頃突然病気で亡くなりました。

4年前癌の手術を受け頑張っていましたが、突然ご主人から電話があり亡くなった連絡があり、いろいろ相談に乗っていました。

仕事の事は一切、ご主人は関係なくしていましたので、後の整理が大変です。サラリーマンをしていたご主人は事業の事は何もわからず、友人が生前私に会社の整理を頼まれていましたので、全面的に今、整理の真っただ中です。

ブティック経営をしていましたので業社の買掛やお客様の売掛金の回収をしていますが、ちゃんとした帳簿が無く、伝票見ながら一つ一つ照らし合わせてしなくてはならないので、有る程度イメージを作ってしています。

買掛も請求書を見ながら出来るだけ、請求金額を減らすため返品できるものは返品する様に交渉したところ、けっこう返品に応じてくれて、支払い額が半分以下になりました。

売掛金回収もお客様に丁寧に連絡したところ、ほとんどのお客様はこちらの要求にこたえてくれました。

これも帳簿が無いので大変でしたが、一人一人店長さんの人柄が良かったのでお客様はあまり変な人はいなくてある程度スムーズにいきました。

ただお金のことなので、キッチリしなくてはならないので気を使いました。事業していると矢張りきっちとした帳簿、伝票整理を日頃からしなくてはいけないと整理をしながら自分にも言えます。

個人事業主は個性で経営する人が多いのですが、ある程度配偶者にも教える事が大切な事です。

なかなか気丈な人でしたので、あまり弱みは出さなっかですが、さすがは病気には勝てませんでした。

ファションの仕事でブティック経営をしていましたので個人の服などが溢れるくらいあり、家族の方が整理に何日もかかりました。

こうして何十年もお互いに励ましたり、ご飯を食べたり、一緒に仕事もしました。私の様にシニアになると、付き合った会社も百社以上でそのうち、倒産したり解散したりしました企業がほとんどです。

残っている会社はわずか数社が現実です。倒産の方が多いですが、中には資産をある程度作り、悠々自適にしている、知人も何人かいます。

一人は服の製造販売をしていましたが、まだまだ原宿、青山、あたりで元気な小さなファションメーカーでしたが、ある手度資産が出来たのでしょ!

カナダに移住しました。その頃はまだまだバブルの恩恵にあったので、カナダは少ない資金で、とてもいい生活が出来ると言っていました。

また、麻布に外車販売をしていた知人はその会社を売り払い10億以上資金で、御殿場市に千坪の土地を買って、大きな家と広いドッグランを作って時々私の前職のミュージアムに遊びにきていました。

この様に家族の為早めに引退して生活を送ることが出来るのも事業をして、ある程度成功して、元気な時に好きな事を出来る基盤図作りに成功した人達です。この様に成功した人の共通点は家族を大切にしている人達でした。

生きていく時に好きな事が出来る環境作りが大切であり、又それが生きている証にもなります。

ギリギリまで仕事をするのもいいですし、早く引退出来るのも自分の舞台があってこそです。

70~80歳になっても自分の舞台があればこそ活躍出来るし、楽しいのです。亡くなった友人も無くなる前にラインメールで自分の使命が終わったと言っていました。

周りから見れば好きなように生きたとまわりのひとも言っていましたので、本人も思い残す事はないかもしれませんが、矢張りもう少しご主人に協力をお願いしていた方が良かったかもしれませんが、仕方がなく事業整理にあと少しのがんばりです。

人の生き方は人それぞれですが、矢張り誰もが願う幸せな人生を送りたいですね。今回の事で今流行の断捨離はある程度大切と感じています。

事業をしていたので、特にファションの仕事でしたので、仕方が無いですが個人の服はなんと100着はありました。

店の在庫も勿論それ以上ありましたが、業社のおかげで半分くらいになり100着くらいと思います。これを閉店セールをして何とかゼロに近ずけたいと思います。

こうして、一つの個人事業主が無くなりました。シニアになってから、仲間がドンドン減って行くのも仕方が有りませんが、寂しいものですが若者の起業のお手伝いも何人かしています。

矢張り、若い世代の起業のお手伝いは粗削りでも命が溢れているので楽しいですね!

起業は楽しですね。私も今新しい起業を初めています。

起業のお手伝いをいたします。シニアの起業も大歓迎です。

スタートアップストーリーのマッキーに気軽に連絡してください。

masakitsuchie9990@gmail.com