若者の起業とシニアの起業の違いがあるのでしょうか

基本的には同じですが、大きく違うのは若者の起業は何度で失敗してもやり直す事が出来ます

エンジェル投資家も小さくまとまっているシニアより、粗削りでもいいので若者の起業に投資することが多いようです。

現状は40代の起業が一番多い35パーセントで、その次が30代の32パーセント、50~60代も合わせると26パーセントで、20代は7パーセントです。「日本政策金融公庫」の昨年度の1746社の調べです。

いがいに20代の起業が思ったより少ないと思いますが、実際はネットのビジネスの世界で一人で起業したり、資本金の少なく出来る世界なので、正確にはわかりません。

シニアの起業は少ないリスクでスタートするのがいいと思います。今までのスキルを活かした起業、仕事が一番いいのでしょう、違う仕事、今までしたことが無い業種はモチベーションアップが大変です。

ただ小さく始めて徐々に大きくするのが理想的です。これは若者の起業にも当てはまります。

矢張り、資金集めがむつかしいですが、シニアの場合はある程度の自己資金を貯めてスタートする人が多い様です。

今は面白い企画や社会貢献度の強いプランですと、クラウドファンディングで資金集めがしやすくなるので試すのもいいかもしれませんね。

私も若い時の起業と現在68歳の起業の取り組み方が全然違います。若い時の起業はいけると思えばすぐに突き進んでいきました。

出来る事は何度でもしましたので、矢張り失敗も多かったですが、それでもドンドン進むと見えてくる世界があり、チャンスが飛び込んでくる事も多くありました。

営業が得意でしたので、健康食品から、美顔器、補正下着など幾つも手当たり次第に事業、仕事をしました。

色んな仕事をしていくうちに、30代の真ん中の時原宿に本社があるコートの製造販売の会社とコラボしました。その会社の社長は40代、私は30代でしたので丁度いい組み合わせでした。私が起業して、経営者になり大きく飛躍したのがこの会社、社長との出会いです。

もし、今のシニアの私に、同じ様な会社とコラボ出来るかと言えば出来ません。なぜならもっと若い、使いやすい人の方が上手くいくからです。何も使い辛い相手に敢えて合わす必要が無いのです。

シニアの起業、自分の居場所づくりは自己資金でしましょう。

この様にシニアの起業は自分が出来る事、したい事、やってみたかった事をなるべく自己資金でスタートすれば、一切の人の干渉を受けなくてすみます。

やって失敗しても自己資金の中でやれば、それほで痛手は有りません。それよりやらなかった後悔はその何倍も引きずると、心理学の先生も言っています。

まして、シニアは定年後行く場所が本当に少なくなります。下手に病気したらあっという間に多くのお金を失います。

生きがいづくりをしたら、毎日が勉強になりますし、謙虚の気持ちになって自分がまだ、必要とされていると実感し、幸せな心になり健康にもなります。

今も幾つかの事業立ち上げと、自分の居場所づくりをしていまので、忙しくしています。そして、若者の主催する、ネットを通じての勉強や具体的に勉強会に多く参加もしています。

シニアの皆さまも老後の生活をゆっくりしたいと思っている人も多いでしょうが、まだまだこれからと思っているシニアの人も少なくありません。

私の周りのシニアは会社の社長も多くいます。個人事業主もいますし、まだまだこれからもっと多くの資格を取ると言って勉強している人もいます。仕事を出来る内はまだまだ働くよと言っています。

それぞれ生き方で人生に喜びを持って生きることを致しましょう。

シニア起業の相談をしてください。勿論若者の起業も喜んでお手伝いをします。今も何人か若い起業する人の相談を受けています。

それにもうすぐ定年の人の相談も受けていますし、定年後の相談も受けています。

masakitsuchie9990@gmail.com

シニアの起業とこれからの生き方、考え方

長いシニア生活が迫って来ます。準備はしていますか?

50歳代で準備し、もう60歳代になった人、もし貴方がサラリーマンなら定年退職して、これから30年以上生活することになります。

これからどのような人生が待っているのか、どの様に生きて行くのか、自分で決めなくてはいけません。

ある記事を読みました。人生相談のコーナーでした。現在66歳少し前定年退職した男性の話しです。風呂場で涙を流して暮らしている人です。

この人は高学歴で一流企業に就職し、40年以上真面目に勤めあげた人生の待っていた老後の生活です。

蓄えもあり年金で生活に困らないだけの収入が有り、家も自分の家で生活には、なんのふじゅうしていないが、目的を完全に失い、居場所も無い様な相談でした。

この人は4人兄弟姉妹で2人弟、1人の妹さんがいるのです。定年退職したのでこれから、色々な付き合いを兄弟姉妹に持ちかけたら、忙しいと返事で誰も付き合わないのです。

仕方がなく妹さんに話を聞いたら、いつもお兄さんは上からの目線で接してくるので、嫌になっているとのこと、そして奥さんに旅行に行こうと話したら、貴方といくよりお友達と行った方が楽しと言われ愕然となりました。自分には友人も誰もいなかったのです。

どうですか?老後の生活、今までの生活の総決算を迎えます。間違いなく体は衰えてきます。

しかしこれから短い人でも20年、長生きする人は100歳まで行きます。ですから老後の生活の方がある部分、時間を自由に出来、生き方一つで充実した人生を送ることが出来ます。

今まで出来なかった海外旅行に、国内旅行もよく行く夫婦もいますが、お金が減ってきて少しペースダウンします。いつまでも消費だけでは喜びも半減します。

私の知人や周りのシニアの人のほとんどが、仕事をしています。勿論ボランティア活動で頑張っている人も何人かいますが、個人事業主や会社の経営者も多くいます。

私の様に個人事業主や会社経営者には基本、定年が有りません。多くの人は自分が働けるうちは働くのが基本的な考え方です。

年金で生活できるので、これ以上仕事をしたくない人もいますが、時間をもてあそんでる事も事実です。図書館、スポーツクラブ、昼カラオケ、老人クラブみたいになっています。

矢張り社会との接点を持ちたい人も多くいます。どの様に生きるかは人それぞれですので自分自身で決めます。

起業する人。シニア起業はなるべくリスク減らすことが重要です

シニアの起業のキーワードは楽しい事と、夫婦で頑張る人です。

今まで生活があるのでひたすら会社で仕事していて頑張っていた人が、定年後自分の家で蕎麦屋を開店した人がいます。毎日でなく土日の週二日開店して夫婦で出来る範囲で楽しみながらやっています

また、知人ですが、退職後自分の家を少し改築して、木工の仕事をする様になりました。前からしてみたかったとのコメントで、私の好きなクリスマスのグッズを手ずくりをしていて時々意見を聞いてきます。

アドベントカレンダーボックス、クリスマスツリー、風景など少し高いですが、中国製品と少し違う、味わいのある物が多いですね。

一人で楽しみながらしているので、それ程多く作れませんので、売り上げも大したこと無いと言っています。しかし作っている時は楽しいですね!とのコメントです。

山中湖にクリスマスのミュージアムを作り経営していた時の話しです。近くに素敵な夫婦が経営しているペンションがありました。その夫婦はご主人が大手の会社を早めの退職してペンションをオープンしました。

このご主人は器用な方で、庭の手入れは機具を買って全部自分で全てしています。又道路も舗装工事していないので、大雨が降ると道路が掘れてしまい、車が通れないのでブルトーザを買って整地しました。私もこのご主人をみらなって、ブルトーザを買い一緒に道路の整地をしました。

本当にペンション生活を楽しんでいました。奥様も料理が大好きで、時々手ずくりのお菓子をいただきました。早期退職しても、年金がしっかり有ったので、あまりガツガツお客様を沢山入れてなかったようです。

今度はしっかり稼いでるシニアの話です。この人は私の様に会社を経営していたので、初めて起業ではなかったですが、前職を辞めてから、新しく起業して不動産会社を作りました。

彼は宅建の免許は無いので、一人の宅建主任者を雇って起業しました。彼の目を付けたのが中国人です。

彼が不動産会社を立ち上げたのが10数年前で、60歳少し過ぎた時でちょうど中国人が海外旅行に自由に出来ることになります。

彼はこれからは中国人相手だと言って、スタッフもほとんど中国人を雇入れたのです。ですから、日本人から物件を安く手に入れて、中国人に日本の物件情報出し、転売していました。

彼の物件はほとんどリゾート地でしたので、安く手に入れる事が出来ます。東京ではワンルームマンションも高く、神奈川県では数百万の物件はワンルームマンションしか有りませんが、リゾート地には2LDKでも数百万で買えます。これらを中国人に2倍以上の値段で喜んで買いますので、ドンドン物件を買い増やしました。

それで昨年、2年前買って少し手直しをして5000万円の物件を3倍の1億5000万円で売れたと聞きました。

賃金の安い中国人のスタッフを使い、中国人相手で稼いでる人のシニア話しです。

人にはそれぞれ生き方、考え方、そして今いる環境にもよりますが、矢張り自分の舞台を作った人が、生き生きと生きていますので、貴方も挑戦してみませんか!

シニアの起業のお手伝いをします。シニアスタートアップのマッキーに気軽にお問い合わせください。

masakitsuchie9990@gmail.com

シニアの場合は居場所づくりは大切です。

今,燕も巣作りでけんめいです。燕も何か所も自分の居場所づくりをしています。まして私達シニアも居場所づくりを大切にしましょ。

今までは、会社には働く場所があり、居場所がありますが、会社を辞めると家しかありません。

本当にポツンと居場所の無い人はみじめさを感じます。シニアが居場所づくりをする為には、今までの生活から自分で快適な環境を作る事に少しは投資をしなくてはなりません。

昔、私は先ず、自分の住まいで有限会社を作りました。法人の方が仕入れも事務所を借りる事も有利になると考えたのです。

私は33歳で独立し、起業して最初は自宅で宝石と毛皮の製造販売の仕事を始めました。会社員の頃は会社に机と会議室があり、銀座には1億円かけたショールームがあり、私は会社のナンバー2の位置で全ての営業の責任を持ち、仕入れ部も私の支持で全て動いて、行く場所が幾つもあり、忙しく回っていました。

起業すると、自分で全て自分の舞台を作る事になります。矢張り家の営業場所は人も呼べないし、子供が帰ってくると、仕事に集中できなくなりますので、原宿駅のそばにマンションの事務所を借りました。

仕事に出かけるのに、まず家から原宿の事務所に行く場所があり、そこから営業に行くと気分が全然違うので、仕事にメリハリが出来ます。名刺も原宿の住所ですので気持ちよくだせます。

毎月の固定費はかかるのですが、矢張り自分のモチベーションの方が大切です。大手企業が土地の高い場所でも買ったり、借りたりするのは社員のモチベーションを上げたり、会社の信用アップにもつながりますし、社員募集にもメリットがあるからです。

それから売り上げが上がると、もっと居心地がよく、ショールームに少しお金をかけて、モチベーションを上げる舞台を作りました。場所は麻布で高級マンションが周りにもいっぱいあり、素敵なお店も目白押しです。

矢張り自分の舞台を作ると今までにはない、人脈作りができやすいです。同じビルの違う会社経営者とも話が出来るようになります。

仕事の仕方も変わる事が出来るようになりますので舞台を作りは大切です。私は新しい事業を始める時は必ず自分が好きな事、好きなものに関われるようにします。

山中湖にプチホテルを作った時、絶対に暖炉を設置し快適なリビングルームをつくりました。暖炉の火を見ながらお茶を飲むと幸せの時間を送れます。

食事も鉄板でステーキを提供しました。本格的なステーキハウスと同じメニューでしたので、お客様は大喜びでした。

そして、隣に素敵な御夫婦が別荘を持っていて、よくお話をして東京でもよく会いました。その夫婦は成城学園前に広大な土地を持っている人で、家の近くに自分の経営するプールを持っている人で昔、加山雄三が活躍した若大将シリーズの映画で撮影された場所でした。

又、同じ山中湖にクリスマスのミュージアムを作った時、矢張り自分の好きなクリスマス一色で建物デザインからインテリアデザイン、飾るグッツも世界中から集めて自分の舞台を作りをしました。

日本国中から、世界中の人も多く来ました。嬉しいものですよ。自分が好きな事して、自分の舞台に大勢の人が来て、また数多くの有名人が来てマスコミを通じて、宣伝もしてくれました。

そして、又クリスマスが好きな人との出会いがありました。一人は玉川学園の佐治教授、ナサ、アメリカ宇宙開発たつさわり、火星探検衛星、ホイジャー計画の責任者です。

色んな話をしてくださいました。物の見方を変えれば違う事を発見したり、面白い事を見えたりすることがあるとよく言っていました

それはビジネスの世界にも同じことが言えます。この様に舞台を作ると色んな人が出会えるきっかけになる事も多く有ります。

ですから自分の舞台、居場所作りは生き方やビジネスにも活かすことが出来るので頑張って居場所づくりをしてください。

シニアの起業をお手伝いをします。シニアスタートアップのマッキーに気軽にお問い合わせください。

masakitsuchie9990@gmail.com